OSSニュース

MariaDB MaxScale 2.4.14 GA版(リリース日:2020年11月25日)

バグ修正
・MXS-3297:拡張されたMariaDBの機能が正しく読み取られない。
・MXS-3295:classify REST APIエンドポイントのレイアウトは、パラメータ以外のデータを
 parametersオブジェクトに格納する。
・MXS-3293:USEステートメントでバッククォートが削除されない。
・MXS-3273:関係のないサーバーがスレーブステータスを失う時に接続が失われる。
・MXS-3272:maxctrlはパスワードのプロンプトをすぐに表示しない。
・MXS-3240:maxscale api /maxscale/threadsからのUom変数。

MariaDB MaxScale 2.4.14のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-24-mariadb-maxscale-2414-release-notes-2020-11-25/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ