MySQLニュース

MariaDB MaxScale 2.4.1 GA版(リリース日:2019年8月20日)

バグ修正
・MXS-2633:Pam認証がサーバー10.4で機能しない。
・MXS-2603:MaxScaleが原因で、Percona PXC Clusterで接続が切断される。
・MXS-2598:COM_CHANGE_USERの処理時のメモリリーク。
・MXS-2597:MaxScaleはmicrohttpdからのエラーを処理しない。
・MXS-2594:サーバーレベルで優先度を設定しないためにuse_priorityを有効にすると、選択が起動される。
・MXS-2578:Maxscale RPMの問題 PCIコンプライアンス。
・MXS-2577:Avrorouter直接変換が文書に記載されていない。
・MXS-2574:maxctrl alter userが現在のユーザーでは機能しない。
・MXS-2544:PAMAuthはロールのパーミッションをチェックしない。
・MXS-2521:COM_STMT_EXECUTEは空の結果を返す場合がある。
・MXS-2446:監視されているclustrixセットアップの再イメージング時のMaxscaleサーバーでのFatal。

MariaDB MaxScale 2.4.1のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-24-mariadb-maxscale-241-release-notes-2019-08-20/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ