MySQLニュース

MariaDB MaxScale 2.3.5 GA版(リリース日:2019年4月2日)

バグ修正
・MXS-2412 サービスのシリアル化が壊れている。
・MXS-2410 ハングアップが間違ったDCBに配信される。
・MXS-2409 PREPAREまたはEXECUTEが不正な形式の場合、Schemarouterがクラッシュする。
・MXS-2403 マスキングフィルターはサブクエリを確認すべきです。
・MXS-2402 マスキングフィルターはUNIONを確認すべきです。
・MXS-2398 MariaDB固有の実行ファイルのコメントを認識する。
・MXS-2396 マスキングフィルターはユーザー変数を分析すべきです。
・MXS-2394 グローバル設定"substitute_variables"が未知のグローバルパラメータとして拒否される。
・MXS-2393 マスキングフィルターは、クエリ分類の解析結果を確認すべきです。
・MXS-2392 マスキングフィルターは準備中のステートメントを分析すべきです。
・MXS-2390 マスキングとDBFWフィルターは変数から作成されたステートメントを拒否すべきです。
・MXS-2389 実行ファイルのコメントの処理の修正。
・MXS-2379 JSONインターフェースがMaxscale 2.3で動作しない。
・MXS-2374 Binlogfilterは最後のイベントが無視されると複製を中断することがある。
・MXS-2373 フィルター用に生成された設定にモジュールが含まれていない。
・MXS-2370 クエリタイムアウトの警告メッセージにタイムアウトの理由が表示されない。
・MXS-2368 maxctrlはコマンドラインでパスワードを要求し、ユーザーパスワードを変更できない。
・MXS-2365 readwritesplitにおけるキューに入れられたクエリの誤った分類。
・MXS-2359 SHOW TABLESのLIKE句は、schemarouterによって無視される。
・MXS-2357 alter serviceのmaxctrlドキュメント、use_sql_variables_inの追加。
・MXS-2355 MaxScaleはmysqlクライアント8.0.15にパスワードを使用した接続をさせない。
・MXS-2342 フェイルオーバーの発生後にマスターポッドが削除されると、maxadminコマンドがハングする。
・MXS-2337 2.3.4のschemarouterはすべてのバックエンドのすべてのテーブルを表示しない。
・MXS-2326 再接続が必要な場合、ルーティングのヒントが無視される。
・MXS-2325 フェイルオーバー時に昇格したスレーブ上で無効なイベントが有効になる。
・MXS-2323 メンテナンス中のサーバーとの接続が切断されない。
・MXS-2292 PAMユーザーとグループのマッピングが'%'よりもより具体的なホストで機能できるようにする。
・MXS-1991 なぜMariaDBMonはreplication_userとreplication_passwordについてエラーを出すのですか?

MariaDB MaxScale 2.3.5のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-23-mariadb-maxscale-235-release-notes-2019-04-02/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ