MySQLニュース

MariaDB MaxScale 2.3.15 GA版(リリース日:2019年12月5日)

バグ修正
・MXS-2786 ピア証明書は必須ではない。
・MXS-2782 間違ったスレッドIDにより、MaxScaleがクラッシュする。
・MXS-2775 クラッシュしたマスターが準同期レプリケーションでauto_rejoinを中断する可能性がある
 ことを文書化。
・MXS-2773 SkySQL:Maxscale 2.4.2は、2.3.9と比較すると、再起動後の接続の許可に長い時間がかかる。
・MXS-2763 ssl_versionの値はシステムに依存する。

MariaDB MaxScale 2.3.15のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-23-mariadb-maxscale-2315-release-notes-2019-12-05/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ