OSSニュース

MariaDB Enterprise Server 10.5.4-2 GA版(リリース日:2020年7月16日)

注意
MariaDB Enterprise Server 10.5では、"mysql"コマンド名は"mariadb"コマンド名に置き換えられます。
古い名前との下位互換性を維持し、混乱を回避するために、シンボリックリンクが用意されています。

主な変更点
・MariaDB Enterprise ColumnStoreは、分析ワークロード用の列指向ストレージエンジンです。MariaDB
 Enterprise ColumnStore 1.5.3がこのリリースに含まれています。このコンポーネントの詳細は、
 Enterprise ColumnStore 1.5.3リリースノートに記載されています。
・MariaDB Xpandは、高可用性(HA)、完全なACIDコンプライアンス、および、スケールアウトと弾力性
 を持つフォールトトレランスを備えた分散ストレージエンジンです。MariaDB Xpand 9.3-Beta-7がこの
 リリースに含まれています。このコンポーネントの詳細は、MariaDB Xpand 9.3-Beta-7リリースノートに
 記載されています。

ストレージエンジンの変更
・ストレージエンジンColumnStoreの新機能:
  ・本リリースにはEnterprise ColumnStore 1.5.3のリリースノートが含まれています。
  ・インストール、クラスタ管理、フェイルオーバーロジックの包括的な書き換え。
  ・MariaDBサーバーの標準の照合と文字セットのサポート。

・ストレージエンジンInnoDBの新機能:
  ・InnoDB REDOログのオンラインサイズ変更。
  ・InnoDBバッファープールの最適化。
  ・InnoDBパージスレッド数は実行時に変更可能。
  ・InnoDBバックグラウンドタスク用の新しいスレッドプールの実装。
  ・新しいInnoDBスレッドプールの内部を洞察するためのインフォメーションスキーマテーブル
   THREAD_POOL_GROUPS、THREAD_POOL_QUEUES、THREAD_POOL_STATSの追加。
  ・以前はSHOW ENGINE INNODB STATUSでのみ公開されていた、InnoDBストレージエンジン
   パラメータに追加されたステータス変数。
  ・InnoDB Redoログのグループコミットパフォーマンスの改善。
  ・ALTER TABLEステートメントに対するInnoDBファイル形式の制約により、古いバージョンとの
   互換性が可能。
  ・InnoDBのDROP TABLEの改善。
  ・InnoDBのパフォーマンス向上。

・ストレージエンジンS3の新機能:
  ・パーティションサポートの強化。
  ・プライマリノードとセカンダリノードの共有または個別のS3ストレージバックエンドを使用した
   レプリケーションサポート。

・ストレージエンジンSpiderの新機能:
  ・このリリースには、ODBC Wrapperサポートを含むEnterprise Spider 3.4が含まれています。
  ・ODBCアクセスを介して提供されるテーブルを表すSpiderテーブルの作成。
  ・ODBC Wrapperはベータ版です。
  ・サポートされているラッパーについての情報にインフォメーションスキーマテーブル
   spider_wrapper_protocolsを追加。

・ストレージエンジンXpandの新機能:
  ・このリリースには、新しいストレージエンジンであるMariaDB Xpand 9.3-Beta-7の
   リリースノートが含まれています。

SQLレベルの強化
・MariaDB SQLステートメントはSLAVEの同義語REPLICAをサポートします。
・RETURNING句は、INSERTステートメントとREPLACEステートメントに使用され、挿入された行の
 結果セットまたは指定された別のSQLステートメントの結果セットを返すことができます。
・INTERSECTステートメントとEXCEPTステートメントはALLをサポートします。そのため、現在、
 結果セットは重複行を含むことができます。
・CREATE DATABASEステートメントでデータベースにコメントを追加できます。以前はフィールドレベルに
 制限されていました。
・JSON関数JSON_ARRAYAGG()を使用して、列の値からJSON配列を作成できます。
・JSON関数JSON_OBJECTAGG()を使用して、クエリの結果セットからJSONオブジェクトを作成できます。
・新しいData Type APIを使用したカスタムデータ型の作成のサポートが追加されました。
  ・IPv4とIPv6アドレスを格納するINETデータ型プラグインが追加されました。
・RENAME INDEXとRENAME KEYはALTER TABLEで使用できます。
・RENAME COLUMNはALTER TABLEで使用できるようになりました。
・CYCLE句を使用した再帰的なCTEサイクル検出のサポートが追加されました。
・IF EXISTキーワードがALTER TABLEとRENAME TABLEステートメントでサポートされるようになりました。
・Application-Time Period(アプリケーション期間)一時テーブルのWITHOUT OVERLAPSのサポートが
 追加されました。

レプリケーションと高可用性(HA)
・レプリカ対応のサーバーのシャットダウン
  ・プライマリは、レプリケーショントランザクションが処理された時にのみシャットダウンします。
  ・デフォルトの動作を制御するためにshutdown_wait_for_slavesシステム変数を追加しました。

・Galera 4.1ベースのMariaDB Enterprise Cluster
  ・新しいノンブロッキングDDLモード:wsrep_osu_methodシステム変数をNBOに設定して、
   ロックモードSHAREDまたはEXCLUSIVEを使用するALTER TABLEステートメントでDDLが
   クラスタ全体をブロックしないようにします。
  ・トラブルシューティング用のデバッグメッセージストレージとしてのGalera Black Box
  ・MariaDB Clusterの新しいinconsistency votingプロトコルを使用して、データの整合性のための
   潜在的な脅威に対するクラスタの強化を確保しながら、クラスターの完全なシャットダウンを
   回避できます。
  ・MariaDB ClusterのGaleraグローバルトランザクションIDのサポートが追加されました。
   これにより、MariaDBグローバルトランザクションIDがクラスタ内の他のノードに複製されます。
  ・wsrep_osu_methodシステム変数のNon Blocking Operationsメソッドのサポートが追加されました。

権限とセキュリティの機能
・HashiCorp Vault System用のKey Managementプラグイン
・安全でないトランスポートを使用して試行された接続を拒否するためのシステム変数
 require_secure_transport
・SUPER権限はいくつかの小さな権限に分割され、各ユーザーが実行できることをよりきめ細かく調整
 できます:BINLOG ADMIN、BINLOG REPLAY、CONNECTION ADMIN、FEDERATED ADMIN、
 READ_ONLY ADMIN、REPLICATION MASTER ADMIN、REPLICATION SLAVE ADMIN、SET USER。

オプティマイザの変更
・filesortの場合、ソートに使用されるモードaddon_fields、addon_fields、packed_addon_fieldsは
 ANALYZE FORMAT=JSONで表示されます。
・クエリオプティマイザの強化により、ANALYZEはWHERE句の確認やその他の補助操作の実行に
 費やした時間を表示するようになりました。
・ソートバッファの強化により、ソートバッファ内のソートされていないフィールドの値をパックできる
 ようになりました。
・オプティマイザはソートバッファでパックされたソートキーを使用できるようになりました。

インターフェースの変更
ツール
・aria_packはトランザクションテーブルをサポートしています。
・aria_packは--datadir、--ignore-control-file、--require-control-fileオプションをサポートする
 ようになりました。
・mariadb-dumpは--ignore-table-dataオプションをサポートするようになりました。

権限とセキュリティ
・REPLICATION CLIENT権限はBINLOG MONITORに名前が変更されました。古い構文は互換性のために
 今も理解されています。
・いくつかのステートメントは必要な権限を変更しました。アップグレード後にいくつかの
 GRANTステートメントの発行を必要とする可能性があります。
  ・SHOW BINLOG EVENTSは、現在、REPLICATION SLAVEではなく
   BINLOG MONITOR権限を必要とします。
  ・SHOW SLAVE HOSTSは、現在、REPLICATION CLIENTまたはSUPERではなく、
   REPLICATION SLAVE ADMINまたはSUPER権限を必要とします。
  ・SHOW SLAVE STATUSは、現在、REPLICATION CLIENTまたはSUPERではなく、
   REPLICATION SLAVE ADMINまたはSUPER権限を必要とします。
  ・SHOW RELAYLOG EVENTSは、現在、REPLICATION SLAVEではなく、
   REPLICATION SLAVE ADMIN権限を必要とします。

新しいデフォルト
・MariaDB Enterpriseのサーバー設定ファイルを介して、wsrep_provider_optionsシステム変数の
 gcache.sizeオプションのデフォルトを1GBに増やしました。
・innodb_adaptive_hash_indexシステム変数のデフォルトをOFFに変更しました。
・innodb_checksum_algorithmシステム変数のデフォルトをfull_crc32に変更しました。
・innodb_log_files_in_groupシステム変数のデフォルトを1に変更しました。
・slave_parallel_modeシステム変数のデフォルトをoptimisticに変更しました。

設定オプション
・パフォーマンススキーマのインストルメンテーションとテーブルをアップグレードしました。
・slave_run_triggers_for_rbrシステム変数を使用したENFORCEオプションのサポートが追加されました。
・sql_if_existsセッションシステム変数のサポートが追加されました。これにより、テーブル、ビュー、
 関数、パッケージを変更、名前変更、削除するSQLステートメントに暗黙のIF EXISTSが提供されます。
・インフォメーションスキーマのSYSTEM_VARIABLESテーブルに列が追加されました。その値を
 受け取った元の設定ファイルを示します。
・InnoDBバッファープールインスタンスを示す列は、インフォメーションスキーマの
 INNODB_BUFFER_PAGE、INNODB_BUFFER_PAGE_LRU、INNODB_BUFFER_POOL_STATS、
 INNODB_CMPMEM、INNODB_CMPMEM_RESETに対して値0を返すようになりました。
・SHOW MASTER STATUSステートメントはSHOW BINLOG STATUSに名前が変更されました。
 古い構文は互換性のために今も理解されています。
・innodb_encryption_threadsの上限が255になりました。
・max_sort_lengthの最小値が8(以前は4)に引き上げられました。そのため、DOUBLEやBIGINTなどの
 固定サイズのデータ型は、max_sort_lengthの値が小さい場合切り捨てられません。

非推奨/削除されたシステム変数
・innodb_checksumsシステム変数 削除
・innodb_log_checksumsシステム変数 非推奨
・innodb_locks_unsafe_for_binlogシステム変数 削除
・innodb_stats_sample_pagesシステム変数 削除
・innodb_undo_logsシステム変数 非推奨
・innodb_rollback_segmentsシステム変数 削除
・innodb_buffer_pool_instancesシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_page_cleanersシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_log_optimize_ddlシステム変数 非推奨/無視される
・multi_range_count systemシステム変数 非推奨/削除
・thread_concurrencyシステム変数 非推奨/削除
・imed_mutexesシステム変数 非推奨/削除
・innodb_scrub_logシステム変数 非推奨/削除
・innodb_scrub_log_speedシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_background_scrub_data_uncompressedシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_background_scrub_data_compressedシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_background_scrub_data_intervalシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_background_scrub_data_check_intervalシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_log_files_in_groupシステム変数 非推奨/無視される
・innodb_log_optimize_ddlシステム変数 非推奨/無視される

非推奨/削除されたインフォメーションスキーマ
・インフォメーションスキーマINNODB_TABLESPACES_SCRUBBINGテーブル 削除

Ariaストレージエンジン
・Ariaストレージエンジンの最大キー長が1000バイトから2000バイトに増加されました。

MariaDB Enterprise Server 10.5.4-2のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/docs/release-notes/mariadb-enterprise-server-10-5-4-2-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ