MySQLニュース

MariaDB Enterprise Server 10.4.6-1 GA版(リリース日:2019年7月)

新機能
・ノンブロッキングバックアップのバックアップステージ
・ノンブロッキングバックアップ対応のMariaDB Enterpriseバックアップ
・MariaDB Enterprise監査プラグイン
  * システムテーブルを使用したユーザーごとのフィルター
  * 監査プラグイン設定変更の監査
・1テーブルあたり128に増加したセカンダリインデックスの最大数
・オプティマイザー用トレース機能
・スローマスターシャットダウンオプション
・MariaDB Enterprise Clusterトランザクションログの保存データ暗号化
・InnoDBのさまざまなALTER TABLEステートメントのための即時スキーマ変更
・パスワードの期限切れ
・SQLによるアカウントロック
・接続失敗回数に基づくアカウントブロック
・Galera 4をベースとしたMariaDB Enterprise Cluster
  * MariaDB Clusterのストリーミングレプリケーション(巨大なトランザクション)
  * バイナリログのグループコミットのサポート
  * 新しいcasual reads機能
  * Incremental State Transferステータスに基づいたdonorの選択
  * 永続的なクラスタ/グループ情報
・Application-time periodテンポラルテーブル(FOR PORTION OF)
・System-versioned Application-time periodテーブル(バイテンポラル)
・InnoDB REDOログ暗号化のためのキーローテーション
・InnoDBの空間インデックスの暗号化
・SSL証明書をリロードするためのFLUSH SSL
・Ariaストレージエンジンをベースとしたクラッシュセーフなシステムテーブル

新しいデフォルト設定
最適化されたデフォルトを設定する新しいEnterprise設定ファイルが提供されています。
・サーバーは成熟度がベータ以下のプラグインをロードしません。
・認証プラグインEd25519はデフォルトでロードされます。
・アカウントrootはデフォルトでunix_socketを使用しています。
・root用アカウントはローカルホストからのみ接続できます。
・anonymous-userタイプのアカウントを削除。
・データベース"test"にはデフォルトの権限付与はありません。
・以下の設定でデフォルトで有効化されているプラグインのsimple-password-check:
  * simple_password_check_minimal_length = 8
  * simple_password_check_digits = 1
  * simple_password_check_letters_same_case = 1
  * simple_password_check_other_characters = 1
・監査プラグインはデフォルトでロードされているが有効になっていません。
・DISKSプラグインはデフォルトでロードされます。
・エンジン非依存のテーブル統計情報がデフォルトで有効になっています。
・ヒストグラムはデフォルトで収集されます。
・デフォルトでoptimize_join_buffer_size=on。
・JSON型フィールドに対するデフォルトのJSON検証。

主な変更点
・SET PASSWORDは現在プラグインに依存しない。
・MariaDB MaxScaleによって使用されるディスクプラグインは、現在、成熟度が安定しています。
・情報スキーマを介してDISKSプラグインによって提供されるデータへのアクセスはFILE権限を必要とします。
・未対応のコミュニティプラグインはデフォルトでロードされません。
・組み込みサーバーの削除。
・コミュニティ対応のHeidiSQL SQL EditorはWindowsのインストールから削除されています。
・MariaDBサーバーは現在、WindowsのMSIパッケージとZIPパッケージ、およびDebianとUbuntuの
 デフォルトリポジトリによって提供される.debパッケージにバンドルされているwolfSSLライブラリと
 静的にリンクされています。
・MariaDBの名前付きコマンド

プラットフォーム
エンタープライズライフサイクルに合わせて、MariaDB Enterprise Server 10.4.6-1は
以下のプラットフォーム用に提供されています。
・CentOS 7
・CentOS 6
・Debian 9
・Debian 8
・Red Hat Enterprise Linux 7
・Red Hat Enterprise Linux 6
・Ubuntu 18.04
・Ubuntu 16.04
・Microsoft Windows

MariaDB Enterprise Server 10.4.6-1のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/docs/appendix/release-notes/mariadb-enterprise-server-10-4-6-1-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ