MySQLニュース

MariaDB Enterprise Server 10.3.21-5 GA版(リリース日:2020年1月6日)

主な変更点
・InnoDBは、innodb_strict_mode=OFFかつlog_warnings<=2の場合、DDLステートメントの
 最大行サイズに関する不要な警告をエラーログに送信しなくなりました。
・InnoDB REDOログへの不必要な書き込みが削除されました。
・プラグインロードオプションのplugin-maturityのデフォルトは、現在stableです。
・MariaDB Enterprise AuditとMariaDB Auditプラグイントレースは、現在、オプションDELAYEDで
 ステートメントを開始したユーザーを追加します。以前のバージョンでは、システムユーザーが
 追加されました。

バグ修正
<データ損失の可能性があるもの>
・プライマリキーがUTF8のような可変長エンコーディングのCHAR列である場合、
 即時のALTER ... ADD COLUMNまたはALTER ... DROP COLUMNの後に
 テーブルをロードできませんでした。

<クラッシュ、ハング、ストールを引き起こす可能性があるもの>
・プライマリ(マスター)がRESET MASTERを実行し、レプリカ(スレーブ)がプライマリとの接続状態を
 リセットして再接続する(例:CHANGE MASTER TO MASTER_USE_GTID=slave_pos)と、
 プライマリがクラッシュする可能性がありました。
・パーティション化されたInnoDBテーブルにアクセスすると、"Out of memory"エラーが発生する可能性が
 ありました。
・ある接続が同じInnoDBテーブルに即時のADD COLUMNを発行した直後に別の接続によって
 ADD PRIMARY KEYが実行され、DMLが同時に実行された場合、クラッシュが発生する可能性がありました。

<予期しない動作を引き起こす可能性があるもの>
・SSLが使用され、Microsoft Windowsで実行されているMariaDB Enterprise Serverに接続する時、
 クライアントはエラーSEC_E_INVALID_TOKENを受け取りました。
・MariaDB Backupがパラメーター --prepare --incrementalを使用している場合、Ariaテーブルの
 復元は常に可能であるとは限らなかった。
・sort_buffer_sizeが小さすぎると、不完全な結果セットが返されました。
・システムバージョン管理のフィルターを使用したクエリは、
 システムバージョン管理されていないテーブルで実行されると、エラーを表示しませんでした。
・CHECK TABLEは、履歴パーティションを持つシステムバージョン管理されたテーブルに関して、
 エラー"Found a misplaced row"を誤って報告しました。

MariaDB Enterprise Server 10.3.21-5のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/docs/release-notes/mariadb-enterprise-server-10-3-21-5-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ