OSSニュース

MariaDB Connector/Python 1.0.1 GA版(リリース日:2020年8月18日)

新機能
・rowcount属性とlastrowid属性の動作がPEP-249に準拠するようになりました。
・自動コミットの動作が変更され、PEP-249 DBAPI 2.0仕様に従ってデフォルトでOFFになりました。
 接続オプションに自動コミットを追加します。
・カーソルクラスがバイナリオプションに対応し、パラメータを渡さずにバイナリプロトコルを利用できる
 ようになりました。

バグ修正
・負の時間の値の問題を修正し、その値はdatetime.timedeltaインスタンスとしてPythonに返されるように
 なりました。
・SQL状態ではなくエラー番号に基づいてタイプを選択するように、例外処理を修正しました。
・callrproc()メソッドの負の参照カウントの問題を修正しました。
・fetchall()メソッドのメモリリークを修正しました。
・AS BINARYのキャスト時にCAST()SQL関数がバイナリオブジェクトを返さない問題を修正しました。
・MYSQL_TYPE_BITのサポートの欠如に関する問題を修正しました。
・Pythonサブクラスのサポートの欠如に関する問題を修正しました。
・GILを保持しないでのPythonメモリ割り当ての問題を修正しました。
・セットアップルーチンでのMariaDB Connector/Cのバージョンチェックの問題を修正しました。
・ConnectionPoolで参照インクリメントが欠落する問題を修正しました。
・接続プールへの新しい接続の追加が失敗した場合のミューテックスのロック解除に関する問題を
 修正しました。

MariaDB Connector/Python 1.0.1のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/docs/release-notes/mariadb-connector-python-1-0-1-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ