OSSニュース

MariaDB Connector/ODBC 3.1.10 GA版(リリース日:2020年10月20日)

バグ修正
・ODBC-289 - 閉じて再実行した後、ステートメントからフェッチしてクラッシュする
・ODBC-293 - RHEL/CentOS用のC/ODBCバイナリtarballに重複するライブラリがある

重要な変更
・ODBC-288 - コネクタに"interactive client"オプションがありません。クライアントアプリケーションが
 インタラクティブであり、interactive_timeoutを使用する必要があることをサーバーに通知するための
 INTERACTIVE接続文字列オプションが追加されました。
・ODBC-202 - C/ODBCに文字セットの再コーディング機能を追加します。Iconvベースの変換機能は、
 MariaDB Connector/Cから移動および適合されました。以前使用していたのと同じ機能です。
 この機能は、Windows以外のプラットフォームでのみ使用されます。

MariaDB Connector/ODBC 3.1.10のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-odbc-3110-release-notes/
MariaDB Connector/ODBC 3.1.10の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-odbc-3110-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ