MySQLニュース

MariaDB Connector/ODBC 3.0.9 GA版(リリース日:2019年5月3日)

バグ修正
・ODBC-211:decimal(1,0)フィールドの精度が正しくありません。
・ODBC-225:Excelは表の一覧を表示しません。
・ODBC-245:CatalogNameがNULLの場合、SQLTablesは現在のDBテーブルを返します。
・ODBC-246:SQLTables ShemaNameパラメータが処理されません。
・ODBC-238:MYSQL_OPT_SSL_ENFORCEに対応するパラメータを追加。
・ODBC-239:廃止予定のmysql_optionsからmysql_optionsvへの切り替え。
・ODBC-232:実行後にアプリケーションが結果バッファを解放したら、SQLGetData関数がクラッシュする。
・ODBC-228:MARIADB_OPT_TLS_VERSIONに対応するパラメータを追加。
・ODBC-229:MYSQL_READ_DEFAULT_FILEに対応するパラメータを追加。
・ODBC-234:SQLGetTypeInfoはsql_mode='Oracle'で動作しません。
・ODBC-231:longtextでSSISのODBC Error 0000
・ODBC-219:ストアドプロシージャがエラー"Prepared statement not a cursor-specification"で失敗する。
・ODBC-216:SQLColAttributeとSQL_DESC_FIXED_PREC_SCALEがBigIntに関して誤った値を返す。
・ODBC-213:SQL_DESC_PARAMETER_TYPE記述子フィールドはSQLSMALLINTであるべきです。

MariaDB Connector/ODBC 3.0.9のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-309-release-notes/
MariaDB Connector/ODBC 3.0.9の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-309-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ