MySQLニュース

MariaDB Connector/ODBC 2.0.19 GA版(リリース日:2019年6月5日)

バグ修正
・ODBC-43:文字列パラメータが日付/時刻のSQL型としてバインドされている場合、オーバーフローエラーは
 検出されません。
・ODBC-70:最後の部分 - 文字列で渡された0日付のケア。
・ODBC-152:SQLColumns / SQLFetchに関する問題。
・ODBC-169:複数のSELECTをバッチで実行する場合の空の結果またはエラー。
・ODBC-181:INSERTクエリのエラー decimal + longtext。
・ODBC-182:TIMESTAMPとしてバインドされている場合に誤ったデータがTIMEフィールドに挿入され、
 日付フィールドにデータが含まれます。
・ODBC-183:コネクターは、バッチ内のステートメントに関して影響を受けた行の数を不正確に報告します。
・ODBC-186:SQLColumnsとSQLProcedureColumnsに関するいくつかの問題。
・ODBC-188:odbcconf.exeを介してコマンドラインからWindows ODBC DSNを追加すると失敗する。
・ODBC-192:クエリでのODBC 3.0.6 VBAエラー。
・ODBC-194:SQLGetDataがDatetime型に対してSQL_NULL_DATAを返さない場合があります。
・ODBC-197:Time値がTimestampとして取得された場合、小数部分は0になるはずです。
・ODBC-198:文字列フィールドがTIMESTAMP構造に取得された場合、2番目の小数番号が正しくありません。
・ODBC-199:Timeパラメーターがタイムスタンプとしてバインドされている場合、Dateフィールドは現在の
 日付値に設定されるべきです。
・ODBC-203:複数選択をバッチで実行し、データがSQL_C_WCHARとして取得された場合の空の結果。
・ODBC-204:SQLGetDataが空のワイド文字列を返しませんでした。
・ODBC-207:2回目の実行でセグメンテーション違反を引き起こす可能性のある、複数ステートメントの
 パラメータ構造の再割り当てを修正しました。
・ODBC-211:decimal(1,0)フィールドの精度が正しくありません。
・ODBC-213:SQL_DESC_PARAMETER_TYPE記述子フィールドはSQLSMALLINTであるべきです。
・ODBC-216:SQLColAttributeとSQL_DESC_FIXED_PREC_SCALEがBigIntに関して誤った値を返す。
・ODBC-219:ストアドプロシージャがエラー"Prepared statement not a cursor-specification"で失敗する。
・ODBC-225:Excelは表の一覧を表示しません。
・ODBC-231:longtextでSSISのODBC Error 0000
・ODBC-232:実行後にアプリケーションが結果バッファを解放したら、SQLGetData関数がクラッシュする。
・ODBC-234:SQLGetTypeInfoはsql_mode='Oracle'で動作しません。
・ODBC-229:MYSQL_READ_DEFAULT_FILEに対応するパラメータを追加。
・ODBC-245:CatalogNameがNULLの場合、SQLTablesは現在のDBテーブルを返します。
・ODBC-246:SQLTables ShemaNameパラメータが処理されません。

MariaDB Connector/ODBC 2.0.19のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-2019-release-notes/
MariaDB Connector/ODBC 2.0.19の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-2019-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ