OSSニュース

MariaDB Connector/Node.js 2.5.2 GA版(リリース日:2020年12月4日)

修正されたバグ
・NOW()のようなタイムゾーンに依存する関数の場合、クライアントのタイムゾーンがサーバーで
 使用されているものと同じでない場合、予期しない動作が発生する可能性がある。
・一括バッチでエラーが発生する可能性がある:Incorrect arguments to mysqld_stmt_bulk_execute
・permitLocalInfileを使用し、初期コマンドオプションinit_sql、値がautoのタイムゾーン、
 または、queryTimeoutが設定されている場合、接続後にConnectorがハングする。
・Connectorには、Node.js 10.20でのみ動作する機能が含まれているが、Node.js 10.13~10.19を
 使用すると問題が発生する可能性がある。

MariaDB Connector/Node.js 2.5.2のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/docs/release-notes/mariadb-connector-nodejs-2-5-2-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ