OSSニュース

MariaDB Connector/Node.js 2.4.1 GA版(リリース日:2020年7月2日)

主な変更点
・CONJS-138:acquireTimeoutを設定してもpool.getConnection()がタイムアウトしないことがある。
・CONJS-139:createConnection(string)`がURLエンコードされた認証情報をサポートしていない。
・CONJS-140:クエリ実行時に配列にnull値を渡せるようになりました。
・CONJS-141:クラスター内のブラックリストされたプールの使用を避けるために、
 オプションrestoreNodeTimeoutのデフォルト値を1000に設定。

MariaDB Connector/Node.js 2.4.1のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-nodejs-241-release-notes/
MariaDB Connector/Node.js 2.4.1の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-nodejs-241-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ