MySQLニュース

MariaDB Connector/Node.js 2.2.0 GA版(リリース日:2020年2月4日)

CONJS-119:新しいオプションは、サーバーのバージョンの検出を強制する
Azureは、実サーバーを反映??しないMySQLハンドシェイクを返すプロキシを使用しています。
新しいオプション`forceVersionCheck`が追加され、接続の作成時に新しい`SELECT @@Version`コマンドを発行できるようになりました。
これは正しいサーバーバージョンを取得するためであり、コネクタはそのサーバーのバージョンに従って動作します。

CONJS-20:クエリタイムアウトの実装
このオプションは、MariaDBサーバー10.1.2以上でのみ許可され、クエリ操作にタイムアウトを設定できます。
ドライバーは内部で`SET STATEMENT max_statement_time= FOR `を使用して、タイムアウトになった時に操作をキャンセルできるようにします。
max_statement_timeの実装はエンジンに依存するため、いくつかの違いがあります。例えば、Galeraエンジンでは、適切なサーバー状態を確保するために、コミットにより他のノードへの複製が実行され、その後タイムアウトが超過する可能性があります。

CONJS-110:高速認証の改善
・mysql_native_passwordを高速認証パスに追加
・デフォルトのサーバープラグインが不明な場合、プラグイン'mysql_native_password'が
 デフォルトで使用される
・ハンドシェイク結果中の予期しないパケットタイプは良いエラーを投げる

CONJS-117:プールリークの検出
新しいオプション`leakDetection`は、プールから借りた接続を記録するタイムアウトを示すことができます。
接続がプールから借りられ、このタイムアウトに達すると、コネクションリークの可能性を示すメッセージがコンソールに記録されます。
別のメッセージが、その起こり得る記録されたリークがリリースされたかどうかを示します。
0の値(デフォルト)は、リーク検出が無効であることを意味します。
さらに、いくつかのエラーメッセージが改善されました: - 接続タイムアウトは、現在は、これが確立に失敗したソケットに対応することを示す - 標準の接続取得時のタイムアウトと、プールを閉じる時のタイムアウトエラーを区別する。

その他
・CONJS-120:mysql/mysql2との互換性を許可するためにSQLオブジェクトに値を許可
・CONJS-118:プールが閉じられている時に接続を要求すると、エラーのインポートがない
・@types/nodeのtypescriptインポートを8より上のバージョンに修正
・依存関係の更新

MariaDB Connector/Node.js 2.2.0のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-nodejs-220-release-notes/
MariaDB Connector/Node.js 2.2.0の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-nodejs-220-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ