MySQLニュース

MariaDB Connector/Node.js 2.1.3 GA版(リリース日:2019年11月19日)

主な変更点
・CONJS-109 mysqlのみ照合定義がない。
・CONJS-108 typescriptのescape/escapeId定義。
・CONJS-107 オプションが設定されていない場合にユーザー変更コールバック関数が呼び出されず、照合オプションが正しい場合にのみ照合を変更する。
・CONJS-106 ブール値パラメーター false を適切にエスケープする。
・CONJS-105 Typecastが日付関数の誤った解析を提供する。
・CONJS-104 Pam認証は複数のパスワードの提供を許可しなければならない。

パスワードを配列として使用すると、複数のステップでのPAM認証を実現できます:

const mariadb = require('mariadb');

 mariadb.createConnection({host: 'mydb.com', user: 'myUser', password: ['myPwd', 'myAuthToken']})
  .then(conn => {
   ...
  })
  .catch(err => {
   ...
  });

その他
・プールがフルの時のクラスターエラーを改善。
・テストカバレッジの追加

MariaDB Connector/Node.js 2.1.3のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-nodejs-213-release-notes/
MariaDB Connector/Node.js 2.1.3の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-nodejs-213-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ