MySQLニュース

MariaDB Connector/Node.js 2.0.5 GA版(リリース日:2019年5月13日)

主な変更点
・[CONJS-69] Javascript 2^53-1制限よりも大きい数値パラメータの設定を許可。
・[CONJS-68] 日時データの読み込み時にタイムゾーンオプションが設定されている場合のエラー。
・[CONJS-58] 中間者攻撃を防ぐため、LOAD LOCAL INFILEを受信した時にクエリを解析。
・[CONJS-62] 指定されたタイムゾーンとサマータイムをサポート。
・[CONJS-63] typescriptに型定義を追加。
・[CONJS-64] SET STATEMENT max_statement_time= FOR で、クエリタイムアウトを許可するために
 resultset中のエラーパケットを処理。
・[CONJS-66] SET データ型の処理(配列を返す)
・[CONJS-67] ユーザーの変更は、アカウントコネクタの内部状態(トランザクションの状態)を考慮しない。

プールの改善点
新しいオプション
`idleTimeout`
  説明:プール接続が解放されるまでのアイドル時間を示します。値は@@wait_timeoutより
     小さくなければなりません。秒単位(0は解放しないことを意味します)。
  型:*integer*
  デフォルト:1800
`minimumIdle`
  説明:プール内の最小接続数を設定することを許可します。推奨されるのは、
     固定されたプールを使用することであるため、この値を設定することではありません。

  型:*integer*
  デフォルト:*connectionLimitの値に設定*

これは最小プールサイズを設定することを許可します。つまり、非アクティブ期間の後、プールは内部接続数を最小接続数( `minimumIdle`で定義)に減らします。デフォルトでは、サーバーの@@wait_timeoutに到達しないように、`idleTimeout`(デフォルトは30分)の後に使われなかった接続は破棄されます。
プールは、不要なCPUの使用を避けるため、現在は接続を確立できなかった後に遅延することもありますが、接続の作成を自動的に処理します。プールでの認証エラーの処理が改善されました。

 

MariaDB Connector/Node.js 2.0.5のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-nodejs-205-release-notes/
MariaDB Connector/Node.js 2.0.5の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-nodejs-205-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ