OSSニュース

MariaDB Connector/J 2.7.1 GA版(リリース日:2020年11月23日)

主な変更点
・CONJ-842:バイト配列パラメータが長いデータとして送信されるようになりました。

修正されたバグ
・CONJ-834:BULKバッチの使用は、サーバーのバージョンをチェックするのではなく、
 機能によって条件付けられる。
・CONJ-835:OSGIバンドルに設定されたGSSインポート
・CONJ-839:rewriteBatchedStatementsが有効になっている時の誤った例外メッセージ
・CONJ-841:ResultSetMetaData::getColumnTypeName()がLONGTEXTに関して
 誤ったタイプ名を返す。
・CONJ-837:ResultSet CONCUR_UPDATABLEの同時実行でのプリペアドステートメントの
 キャッシュリーク
・CONJ-843:CallableStatementパラメータのParameterMetaData::getParameterTypeは、
 BINARYタイプに期待される"BINARY"の値を返す。

小さいバグ
・CONJ-845:テストスイートは、レプリケーション設定を使用してSkySQLをテストするように
 なりました。
・CONJ-838:'スレーブ'接続オプションに'レプリカ'エイリアスがある

MariaDB Connector/J 2.7.1のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-j-271-release-notes/
MariaDB Connector/J 2.7.1の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-j-271-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ