OSSニュース

MariaDB Connector/J 1.7.6 GA版(リリース日:2020年12月10日)

修正されたバグ
・CONJ-682: 接続の検証中にRSTを受信すると、プールは別の接続を再利用する代わりに
 接続タイムアウトの例外をスローする結果に終わる。
・CONJ-522: 複数のプールを使用していて、かつ、1つのプールが閉じされている場合、
 全てのプールで使用されているグローバルエグゼキュータが閉じられます。これは、
 他のプールがまだ開いている場合でも発生します。
・CONJ-750: データベースを設定していない時にプロトコルエラーが発生し、
 null認証プラグインを示す。
・CONJ-639: enabledSslProtocolSuitesに、デフォルトでTLSv1.2が含まれていない。

MariaDB Connector/J 1.7.6のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-j-176-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ