OSSニュース

MariaDB Connector/C 3.1.10 GA版(リリース日:2020年9月17日)

主な変更点
・CONC-500:中間チェーン証明書をロードすると時のエラーを修正しました。
・MDEV-18818:サーバーパッケージ内でビルドする時のmariadb_configの誤ったzlibを
 修正しました。
・CONC-498:MYSQL_UNIX_ADDRとMYSQL_PORTが定義されるようになりました。
・新しいビルドオプションWIITH_ICONV=ON/OFFが追加されました。OFF(デフォルト)に
 設定すると、API関数mariadb_convert_stringは常に-1を返し、エラーコードをENOTSUPに
 設定します。
・mariadb_configは、フォールバックしてライブラリとインクルードファイルの場所に
 CMAKE_INSTALL_PREFIXを使用する前に、実行パスを決定しようとするか、
 MARIADB_CONFIG環境変数を使用するようになりました。
・mariadb_configに--variablesオプションを追加しました。サポートされている値は、
 pkgincludedir、pkglibdir、pkgplugindirです。

MariaDB Connector/C 3.1.10のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-c-3110-release-notes/
MariaDB Connector/C 3.1.10の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-connector-c-3110-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ