MySQLニュース

MariaDB ColumnStore 1.2.5 GA版(リリース日:2019年7月23日)

主な変更点
・MCOL-3398 - MariaDBサーバーのベースバージョンは10.3.16になりました。これには、いくつかの
 メンテナンスとセキュリティの修正が含まれています。
・MCOL-3395 - 1.2.4のディクショナリストレージの重大なリグレッションが修正されました。

バグと問題の修正
・MCOL-1375 - 定数値を持つHAVINGを使用する時のアサーションエラー
・MCOL-1985 - regrmysql.cppのregr関数を修正し、regr_* 関数がInnoDBテーブルに対して正しく
 動作するようになりました。
・MCOL-2225 - ON条件のカラム名にスペースがあるクロスエンジン結合により致命的エラーが発生する。
・MCOL-2230 - 日付/時刻型の計算が壊れています -- TIMEDIFF、TIMESTAMPDIFF、日付の計算
・MCOL-3239 - CSは関数フィルターの述語をサブクエリに誤ってプッシュします。
・MCOL-3304 - 埋め込まれたSELECTを使用したクエリのウィンドウ関数が不正な数値を生成します。
・MCOL-3314 - MaxOutStandingRequestsとRequestSizeの2つの変数を増やすと、クエリで
 Exemgrクラッシュが発生します。
・MCOL-3353 - execplanのメモリ破損の可能性。
・MCOL-3367 - ColumnStore API rpmパッケージのインストールに失敗しました。
・MCOL-3373 - 例外をスローする際のfuncexpのバグ。
・MCOL-3384 - mxs_adapterのクラッシュ。
・MCOL-3385 - Avro C APIによって返される文字列には、文字列の長さにヌルターミネータが含まれます。
・MCOL-3391 - マルチバイトのテーブル名を含むデータベースの場合、1.2.2から1.2.4への
 columnstore_upgradeが失敗しました。
・MCOL-3395 - リグレッション:カラム間のディクショナリ重複除去キャッシュのブリーディング。
・MCOL-3399 - LDI文字列の長さの処理におけるリグレッション。
・MCOL-3404 - tpcdsクエリ#98が内部エラーで失敗しました。
・MCOL-3321 - regr_* 関数のテストのいくつかは、それらを決定論的にするために順序付けが必要です。
・MCOL-3343 - ウィンドウ関数は算術演算子または他の関数と共に機能しません。
・MCOL-1968 - データインポートおよびエクステント後の間違った文字列比較。
・MCOL-1989 - ビューに問い合わせると内部エラーが発生する:column is not found in info map
・MCOL-3398 - MariaDB 10.3.16でColumnStore 1.2をリベースします。

MariaDB ColumnStore 1.2.5のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-columnstore-125-ga-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ