MySQLニュース

MariaDB ColumnStore 1.0.16 GA版(リリース日:2019年2月13日)

主な変更点
・MCOL-2115 - ベースとなるMariaDBサーバーのバージョンは、現在、10.1.38です。これには
 いくつかのメンテナンスとセキュリティの修正が含まれています。
・MCOL-2136 - メインのメモリアロケータとしてjemallocを使用します。インストールまたは
 アップグレードの前に、jemallocが各ColumnStoreノードにインストールされていることを
 確認してください。

バグと問題の修正
・MCOL-1654 - Querystatsテーブルが壊れています。
・MCOL-2062 - cpimportの科学的記数法の変換の問題。
・MCOL-2136 - メインのメモリアロケータとしてjemallocを使用します。
・MCOL-2149 - cpimportにおける10進法の飽和処理のレグレッション。
・MCOL-1974 - バージョン1.1.7と1.0.16のMCOL-1844のバグ検証。
・MCOL-2115 - MariaDB 10.1.38をサーバーツリーに統合します。
・MCOL-2120 - NUMA開発パッケージがBuildBotインスタンスにインストールされているか確認します。

既知の問題と制限
このバージョンのMariaDB ColumnStoreにはいくつかのバグと既知の制限があります。
それらのうち最も深刻なものを以下に示します。

・MCOL-73:ワイドテーブルフォーマットの表示でフロントエンドがエラーを返します。
  * MariaDB ColumnStoreはワイドテーブルストレージをサポートします。
  * 列をフォーマットせずに多数の列にクエリ結果を表示することは正常に機能します。
  * フォーマット設定を使用して多数の列にクエリ結果を表示すると、MariaDBサーバーレベルで
   エラーが発生します。
・MCOL-271:空の文字列の値はNULLとして扱われます。つまり、NOT NULL文字列の列に空の値を
 挿入することはできません。
・MCOL-364:デフォルトのストレージエンジンがcolumnstoreに設定されているマルチUM設定では、
 複製されたテーブルはcolumnstoreテーブルとして作成されません。デフォルトのストレージエンジンを
 上書きしないようにし、すべてのテーブルのDDLにengine=columnstoreを指定します。
・MCOL-365:load data infileで作成されたログファイルは、bulk/data/logおよび/tmpディレクトリに
 残ります。ストレージが懸念される場合、これらを安全に削除することができます。
・MCOL-463:インストーラーのGlusterストレージオプションはエラーで失敗します。
 Glusterストレージ用に最適化されたインストールオプションは、エラーで失敗するでしょう。
 手動で設定したGlusterボリュームは、`External`ストレージオプションと共に使用できます。
・MCOL-540:ローカルクエリが有効な非root Ubuntuインストールで、テーブル作成時にPMサーバーが
 クラッシュし再起動します。
・現在のロギングデフォルトでは、完全な詳細デバッグログが生成されます。これは、ロギング設定を
 変更することによって制御できます。
・MillisecondとMicrosecondの格納はdatetime、time、timestampの列でサポートされていますが、
 現時点ではクエリ結果はミリ秒とマイクロ秒を返すことはできません。
・UTF-8の制限
  * インスタンスがUTF-8プロファイルで設定されている場合、UTF-8はテーブルレベルで宣言され
   なければなりません。一致しない文字セットで作成されたテーブルは、不確定な結果を生じます。
  * SQL出力の表示は、UTF-8文字セットをサポートするクライアントソフトウェアを使用して行われる
   べきです。
  * UTF-8の文字はオブジェクト名ではサポートされていません。

MariaDB ColumnStore 1.0.16のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-columnstore-1016-ga-release-notes/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ