MySQLニュース

MariaDB 10.3.13 GA版(リリース日:2019年2月21日)

主な変更点
・MDEV-17475:table_definition_cacheの最大値が2097152になりました。
・Mariabackupの修正:MDEV-18185、MDEV-18201、MDEV-18194、MDEV-18415、MDEV-18611
・InnoDB ALTER TABLEの修正:
 MDEV-17441、MDEV-18237、MDEV-17823、MDEV-18152、MDEV-17821、MDEV-18222、
 MDEV-18256、MDEV-18016、MDEV-18295
・InnoDBクラッシュリカバリーの修正:MDEV-18183、MDEV-18279、MDEV-18349
・Galeraクラッシュリカバリーの修正:MDEV-15740
・MDEV-18281:COM_RESET_CONNECTIONは接続エンコーディングを変更します。
・binlogの修正:MDEV-10963、MDEV-10963
・以下のセキュリティ上の脆弱性を修正しました。
  * CVE-2019-2510
  * CVE-2019-2537

MariaDB 10.3.13のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-10313-release-notes/
MariaDB 10.3.13の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/mariadb-10313-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ