MySQLニュース

MariaDB 10.2.19 GA版(リリース日:2018年11月13日)

主な変更点
・RENAME、CREATE、DROPに基づくバックアップセーフなTRUNCATE TABLE実装の
 innodb_safe_truncateシステム変数(MDEV-14717、MDEV-14585、MDEV-13564)
 *この変数のデフォルト値はONです。
 *Mariabackupの代わりにXtraBackupを絶対に使用しなければならない場合、
  それをOFFに設定してサーバを再起動できます。

・MDEV-17289:マルチパスのリカバリでは、いくつかのREDOログレコードが適用されません。
・MDEV-17073:INSERT...ON DUPLICATE KEY UPDATEは、デッドロックをより発生しやすくなりました。
・MDEV-17491:マイクロ最適化 page_id_t
・MDEV-13671:InnoDBは他のサーバと同様に大文字と小文字を区別しないカラムの名前の比較を
 使用する必要があります。
・インデックス付き仮想カラムに関する修正: MDEV-17215、MDEV-16980
・MDEV-17433:mariabackup --prepareから空のib_logfile0を使用してInnoDBを起動できます。
・MDEV-12547:InnoDBのFULLTEXTインデックスには、非常に厳しいinnodb_ft_result_cache_limitの
 上限があります。
・MDEV-17541:FOREIGN KEYチェックのロック待機中にKILL QUERYがハングします。
・MDEV-17531:FOREIGN KEYとFULLTEXT INDEXを使用したRENAME TABLEでのクラッシュ。
・MDEV-17532:Performance_schemaは、ALTER TABLE...ALGORITHM=INPLACEの一時ファイルの
 間違ったディレクトリを報告します。
・MDEV-17545:SPATIAL INDEXの述語ロックは、一致しないレコードをロックすべきです。
・MDEV-17546:FOREIGN KEYにSPATIAL INDEXを使用すべきではありません。
・MDEV-17548:インデックス付き仮想カラムのオフページカラムへの不正アクセス。
・MDEV-12023:起動時のアサーション失敗 sym_node->table != NULL。
・MDEV-17230:alterからのencryption_key_idは、暗号化スレッドによって無視されます。
・MariaDB Deprecation Policyに従って、これはFedora 27用のMariaDB 10.2の最終リリースになります。
・以下のセキュリティ上の脆弱性に対する修正:
 *CVE-2018-3282
 *CVE-2016-9843
 *CVE-2018-3174
 *CVE-2018-3143
 *CVE-2018-3156
 *CVE-2018-3251
 *CVE-2018-3185
 *CVE-2018-3277
 *CVE-2018-3162
 *CVE-2018-3173
 *CVE-2018-3200
 *CVE-2018-3284

MariaDB 10.2.19のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-10219-release-notes/
MariaDB 10.2.19の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/mariadb-10219-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ