OSSニュース

Couchbase Server 6.5.2 GA版(リリース日:2021年2月)

修正された問題
<Analyticsサービス>
・MB-44220
概要:ファイルシステムの破損が発生した時にAnalyticsドライバが再起動ループに入り、Analyticsサービスがエラーで終了するという問題を修正しました。

・MB-44215
概要:有効性ビットは、破損したマージされたコンポーネントを判別するために使用されました。

・MB-44214
概要:デバッグログを非同期にすると、DCPクライアントのログレベルが誤ってERRORに設定されました。代わりにグローバルサービスログレベルを使用するようにこの問題を修正しました。デフォルトはDEBUGです。

<データサービス>
・MB-42918
概要:永続的な書き込みがINSERT(追加)を介して実行される場合、既存のアイテムが削除され、まだ永続化されていない場合、ハッシュテーブルから削除される可能性があります。GETを実行する別のクライアントは、ディスクからのアイテムのフェッチをトリガーする可能性があります。そして、返されるアイテムは、まだ永続化されていない場合にハッシュテーブルから削除された永続化されていないDELETEの論理的な先行オペレーションである可能性があります。これは、クライアントが自身の書き込みを読み取ることができないことを意味します。この問題は修正されました。

・MB-42610
概要:レプリカvBucketが部分的なバックフィルのみを受信してアクティブにプロモートされた場合(データ損失シナリオ)、アイテムのその後の有効期限は、同じCASがあれば、保留中の永続的な書き込みを期限切れにする可能性があります。これにより、そのキーへのルックアップまたは書き込みが将来発生し、memcachedをクラッシュさせました。この問題は修正されました。

・MB-42607
概要:データサービスとのTLSハンドシェイク中に、ノード証明書が送信に8192バイト以上を必要とする場合、ハンドシェイクが失敗しました。これは修正されました。

・MB-41868
概要:HDRHistogramで実装されたヒストグラムが、サンプルの合計が2^31を超えるとレポートを停止するという問題を修正しました。

・MB-41867
概要:HdrHistogramがリセットされることによる無限ループを修正しました。

・MB-41255
概要:影響を受けるドキュメントが非常駐の場合、XATTRSを使用した削除のレプリケーションが失敗するという問題を修正しました。

・MB-41407
概要:nruEvictionが設定されたEphemeralバケットのエビクション中に発生する可能性があったクラッシュを修正しました。そのクラッシュは、解放後のヒープの使用につながる競合状態の結果でした。これはまれな状態であり、データの競合分析中にのみ見られます。

・MB-41300
概要:健全性チェックが、レプリカでトリガーされ、ノードが同期レプリケーションの一時的なミューテーションを受信するとクラッシュを引き起こす可能性がある潜在的な問題を修正しました。

・MB-40543
概要:デバッグ目的でmemcachedでFTSロギングを再度有効にする機能を追加しました。

・MB-40531
概要:HiFi-MRUアイテムページャー(5.0で追加)が、特定のワークロードで、以前のLRUアイテムページャーと比較して、よりアクティブなアイテムを削除するというパフォーマンスの低下を修正しました。

・MB-38283
概要:過剰なDCPの「メモリなし」メッセージが原因で、Memcachedログがラップされるという問題を修正しました。

<インデックスサービス>
・MB-43921
概要:listReplicaCount操作がタイムアウトし、インデックスの作成中のエラーを引き起こす問題を修正しました。

・MB-43517
概要:インデックスサービスは、クラスタマネージャー(ns_server)へのHTTPリクエストでよりコンテキストに応じたユーザーエージェントを設定するようになりました。

・MB-43232
概要:バージョン6.5.0以降、VbSeqnosReaderは、VbSeqnosRequestとVbMinSeqnosRequestの2種類のリクエストを処理するように更新されました。VbSeqnosRequestを処理する時に、VbMinSeqnosRequestがある場合、VbMinSeqnosRequestはVbSeqnosReaderのrequestChにキューに戻されます。ただし、VbSeqnosReaderがこの時間までに閉じた場合、エンキューは失敗し、呼び出し元は無期限に応答を待機します。これは、VbSeqnosReaderの終了時に未処理のリクエストに応答するように修正されました。

・MB-43132
概要:インデックス定義操作中に、クラスタ情報キャッシュは複数回更新されます。バケット数が多いクラスタでは、クラスタ情報キャッシュの更新に時間がかかり、これらの操作が遅くなりました。これは修正されました。

・MB-43072
概要:connectBucket関数の遅延がインデクサーとプロジェクターの接続をタイムアウトさせるように思われる問題を修正しました。

・MB-43047
概要:gometaリーダーのremoveListenerで発生する可能性のあるデッドロックを回避するために、リーダーの変更通知チャネルのサイズを増やしました。

・MB-43046
概要:プロジェクターのドキュメントサイズチェックが冗長であるため、20MB近くのドキュメントをストリーミングしようとすると、プロジェクターはストリーム終了ループに入りました。これは修正されました。

・MB-43041
概要:圧縮の正確性チェックを追加することにより、無効なメモリアドレスまたはnilポインタの逆参照によって引き起こされるランタイムエラーを修正しました。

・MB-43039
概要:多くのメタデータ操作を処理する時に生じるメモリ増加の問題を修正しました。

<クエリサービス>
・MB-43384
概要:setupSSL()が失敗し、クエリの実行に影響を与える問題を修正しました。

・MB-43301
概要:USE KEYSを使用した一括削除で全てのキーが処理されない問題を修正しました。

・MB-42555
概要:USEキーを使用するクエリからの一貫性のない応答を引き起こす問題を修正しました。

・MB-42474
概要:インデックス集計が誤ってプッシュダウンされていた問題を修正しました。

・MB-41308
概要:parsed.Index()が間違った要素をキャッシュする問題を修正しました。

・MB-39782
概要:許可文字列をcbauthに渡す時に、cbqエンジンはバッククォートを削除しませんでした。これは修正されました。

<検索サービス>
・MB-41634
概要:serverMapのインデックスを段階的に設定します。

・MB-41585
概要:更新時に古いgRPC ClientConnsを閉じることにより、開いている接続が多すぎる問題を修正しました。

・MB-40515
概要:成功した場合にのみインデックスクライアントを初期化することにより、フレックスインデックスクエリが定期的に失敗する問題を修正しました。

・MB-40125
概要:一部のノードがフェイルオーバー後に使用できなくなった問題を修正しました。

Couchbase Server 6.5.2 リリースノート(Couchbase社ウェブサイト):
https://docs.couchbase.com/server/6.5/release-notes/relnotes.html

Couchbaseサブスクリプション

CouchbaseCouchbaseサブスクリプションは、データベースSEによる日本語でのテクニカルサポートを付属した、公式サブスクリプションサービスです。

Couchbaseの詳細


ページトップへ