スマートスタイル TECH BLOG|データベース&クラウドの最新技術情報を配信

Autonomous Transaction Processing のセキュリティを高める

Autonomous Transaction Processing (以下 ATP) は 製品紹介ページ にあるように、データベースは常時暗号化されており、データだけでなくデータベースへの接続に関しても暗号化されております
しかし、 マニュアル に記載されているように、 デフォルトでは、ネットワークAclが指定されていない場合、データベースはすべてのIPアドレスからアクセス可能です。

そこで、本記事では ATP への接続を制限し、よりセキュアにするための設定方法をご紹介したいと思います

設定手順

1. ATP の詳細ページにアクセスし、アクションメニュー内のアクセス制御リストをクリックする

2. アクセス制御リストを入力する

IP アドレスを個別で指定する場合

  1. IP 表記法タイプは IP Address を選択する
  2. IP アドレスに、許可したい IP アドレスを入力する(複数の場合は、カンマ区切りで入力する)

CIDR ブロックで指定する場合

  1. IP 表記法タイプは CIDR Block を選択する
  2. CIDR ブロックに、許可したい CIDR ブロックを入力する(複数の場合は、カンマ区切りで入力する)

追加で入力する場合

  1. + 追加エントリ をクリックし、入力ボックスを増やします

入力ボックスを減らしたい(削除したい)場合

  1. 入力ボックスの右端にある、×をクリックし、ボックスを削除します

3. 確定する

  1. 更新ボタンをクリックします
  2. 更新ボタンをクリックすると、ライフサイクル状態が更新中となります

    更新作業はオンラインで行われ、停止する必要はございません
  3. 設定が完了すると、ライフサイクル状態が使用可能となり、アクセス制御リストが有効になります

確認してみる

アクセス制御リストが無い or 許可されている IP アドレスからの接続の場合

問題なく接続出来ます

アクセス制御リストの範囲外からの接続の場合

ACL filtering により、拒否されていることがわかります

注意点

  • サービス・ゲートウェイを使用してデータベースにアクセスするように構成された Oracle Cloud Infrastructure ネットワークがある場合、そのネットワーク内のクライアント・マシンのパブリックIPアドレスをACL定義で使用することはできません。 サービス・ゲートウェイを介した接続のみを許可する場合は、サービス・ゲートウェイのIPアドレスをACL定義で使用する必要があります。 サービス・ゲートウェイを介した接続のみを許可する場合、値240.0.0.0/4を使用して、CIDRソース・タイプのACL定義を追加する必要があります。
    詳細については、 「Oracle Servicesへのアクセス: サービス・ゲートウェイ」 を参照してください。
  • ネットワーク・アクセス制御リスト(ACL)は、他のデータベース・メタデータでデータベースに格納されます。 ネットワークAclがその時点でリストに戻される時点にデータベースがリストアされた場合。
  • ネットワークAclはデータベース接続およびOracle Machine Learningノートブックに適用されます。 ACL が定義されている場合に、ACL で指定されていないIPを持つクライアントからOracle Machine Learningにログインしようとすると、無効なログイン・エラーが表示されます。
  • Autonomous Transaction Processing サービス・コンソールはaclの影響を受けません。
  • VCN 内に、NAT Gateway を介してパブリック・インターネットにアクセスするように構成されているプライベート・サブネットがある場合、NAT GatewayのパブリックIPアドレスをACL定義に入力する必要があります。 プライベート・サブネット内のクライアントには、パブリックIPアドレスはありません。詳細については、 NAT Gateway を参照してください。

上記は、 マニュアル 内の アクセス制御リストの注意 として、記載されている内容となります

まとめ

この様に、データベースに接続することのできる IP アドレスを制限することで、よりセキュアな環境にすることが出来ますので、一考してみてはどうでしょうか?


Oracle Cloud
Return Top