スマートスタイル TECH BLOG|データベース&クラウドの最新技術情報を配信

MariaDB 認定試験 (certification exam)

本記事は MariaDB Corporation より寄稿された記事となります

はじめに

MariaDB Corporation では有償トレーニング受講後,または MariaDB Corporation 年次ユーザ会議 OpenWorks において認定(certification)試験を実施しております。
今回はこの認定試験の概要に関して説明させて頂きます。

認定試験に関するwebページ / データシート(英語)

OpenWorks Certification

MariaDB 認定試験データシート(pdf)

現状 MariaDB Server のみを対象として認定試験を行っており,ColumnStore, MaxScale, ClustrixDB の認定試験は実施されておりません。

認定試験で問われるスキル

試験は英語でのみ実施されており,以下のようなカテゴリの MariaDB Server 10.3 のスキルが問われる問題が出題されます。

  • Basic configuration
  • Security
  • User and role assignment
  • Schema operations
  • Performance tuning
  • Backup and restore

認定試験概要

  • 試験時間: 120分 (登録/準備に+30分程度)
  • 受験者毎に初期設定済の MariaDB Server インスタンスが一つ割り当てられます
  • 質問は 100 あり,80以上正解すると認定となります
  • 試験終了次第,自動的にスコアが算出され,認定可否が判断されます
  • 認定証は後日受験者に送付されます

認定試験に備えるには

最も効率よく認定を受けるには,公式有償トレーニングの受講後の受験,もしくは年次ユーザ会議 OpenWorks において認定試験準備ワークショップ(Certification Preparation Workshop)に参加するのが推奨されますが,以下のリソースがご利用頂けます。


執筆者情報

後藤 智(GOTO Satoru)
2017年6月よりMariaDB CorporationにてAPAC(Asia Pacific)地域におけるプリセールス業務を主に担当。現在は主に日本を担当。
この執筆者の他の記事をよむ
Return Top