スマートスタイル TECH BLOG

Tableau 2019.1 から MariaDB Connector 経由で ColumnStore を利用

本記事はMariaDB Corporationより寄稿された記事となります

はじめに

以前に以下の記事にて Tableau Desktop から MySQL Connector を介して MariaDB ColumnStore に接続,対話的にデータ分析を行う手順について解説いたしましたが,

Tableau Desktop から MariaDB ColumnStore を使う

先日リリースされた Tableau 2019.1 以降,MariaDB Connector/ODBC によるMariaDB Server/ColumnStore への接続が正式にサポートされています。

今回は Tableau 2019.1 上で MariaDB Connector/ODBC を用いて MariaDB ColumnStore に接続する手順について解説いたします。

テスト環境

以下の実行環境を用いました。

  • Tableau Desktop 2019.1 for Windows 10 64 bit
  • MariaDB ColumnStore 1.2.2 for CentOS 7.6.1810

MariaDB Connector/ODBCのインストール

Tableau Desktop 2019.1 上の接続設定に先立って,MariaDB Connector/ODBC をインストールする必要があります。MariaDB Connector/ODBC は以下のリンクからダウンロード可能です。

Download MariaDB Connector

Windows 10 64 bit 用 MariaDB Connector/ODBC

データベース接続設定

Data – New Data Source – To a Server – MariaDB から以下のパラメータを設定し,Sign in ボタンをクリックします。

  • ホスト名
  • TCPポート番号
  • ユーザ名
  • パスワード

なお,あらかじめMariaDB Connector/ODBCをインストールしていない場合,Sign in ボタンがグレーアウトされます。

JOIN設定

今回はサンプルデータとして,以下のレポジトリにある,flightsサンプルデータを用います。

https://github.com/mariadb-corporation/mariadb-columnstore-samples

このサンプルデータには,3つのテーブルがありますが,以下のようにInner JOINを設定します。

テーブル

航空会社毎の平均の到着遅れ時間(分)の表を作成してみます。

  • Marks: Arr Delay,Measure を Average に変更
  • Rows: Airline

Virgin America が最も平均遅れ時間が大きいことがわかります。

 

チャートの描画

次に航空会社毎の平均到着遅れ時間(分)の棒グラフを描画します。

  • Columns: Arr Delay,Measure を Average に変更
  • Rows: Airline

非常に簡単に対話的にデータ可視化を行うことが可能であることが確認できました。

まとめ

これまで Tableau から MariaDB Server/ColumnStore を利用する場合は,MySQL Connector/ODBCを利用せざるを得ませんでしたが,最新のTableau 2019.1 では MariaDB Connector/ODBC が正式にサポートされていることが確認できました。


執筆者情報

後藤 智(GOTO Satoru)
2017年6月よりMariaDB CorporationにてAPAC(Asia Pacific)地域におけるプリセールス業務を主に担当。現在は主に日本を担当。
この執筆者の他の記事をよむ
Return Top