スマートスタイル TECH BLOG

Oracle Cloud で使いすぎを予防する

Oracle Cloud にも使いすぎを防止するために、ある一定額以上を使用するとメールで通知したり、インスタンスの作成を抑止する機能がありますので、その設定方法をご紹介したいと思います
こちらのマニュアルも併せて、ご参照願います

1. My Servicesにサインインし、Dashboard を開きます

2. IaaS/PaaS サービスのサービス名をクリックし、詳細ページを開きます

3. Billing Alerts タブをクリックします

4. Create ボタンをクリックし、ルール作成画面を開きます

5. ルールを選択・入力します

  • Channel: Email がデフォルトで選択されており、変更不可です
  • Service Category Name: Oracle IaaS and PaaS Cloud Services がデフォルトで入力されており、変更不可です
  • Limit Type: Soft Limit, Hard Limit より選択
    • Soft Limit: 使用上限に達するとアラートを受け取りますが、新規インスタンスの作成は可能です
    • Hard Limit: 使用上限に達するとアラートを受け取り、新規のインスタンス作成はエラーとなります。既存インスタンスの利用は継続されます
  • Value Type: Absolute, Percentage より選択
    • Absolute: 設定金額を入力します
    • Percentage: 月次フレックスの金額に対する割合を入力します。従量支払いでは選択できません
  • Usage Limit: 閾値となる、金額 or 割合を入力します

6. 作成すると、一覧に表示されます

制限事項

  1. Hard Limit は一つだけ作成することができます
  2. Hard Limit を作成していない場合、デフォルト値として 200% を制限とするルールが、暗黙的に作成されています
  3. 上記 2. の暗黙的に作成されたルールは、削除することはできません

この様に、簡単に利用制限を行うことが可能ですので、予想外の利用料金の請求となる前に、設定を行うことを推奨いたします


Oracle Cloud

 

Return Top