スマートスタイル TECH BLOG

ORACLE社製MigrationツールのOMSPについて

はじめに

Oracle社製のマイグレーションツールがあることを知ったので、少し触って見ました。
正式名称はOracle Migration Service Platformです。

マイグレーションだけではなく、Oracle Cloud Storageへのバックアップも行えるようです。

ツールのダウンロードについてはOracle PartnerNetworkに登録する必要がありますので、事前に登録しておきましょう。

制限

本ツールはVirtualBoxのImageをダウンロードして、手元で環境を構築するタイプです。

移行可能なMySQLのバージョンとしては、オンプレミスでは5.0〜5.7でエディションはCEとEEが可能です。オンプレミスに限らず、Amazon RDS MySQL 5.6以上もサポート対象となっています。

またターゲットとしてサポートされているのは【Oracle MySQL Cloud Service】だけですので、ご注意ください。

制限事項に関する詳しい内容はツールのダウンロードページにある、最新のユーザーガイドからご確認ください。

今回はオンプレ環境の5.7.23 CEから移行してみました。

使用方法

今回の記事ではツール使用の流れを記載しているため、詳細な設定方法などは割愛しております。

ダウンロード

Partner Netoworkにログインし、VirtualBox imageをダウンロードします。

7.3G Oct 3 22:27 omsp-image-1.1.0.ova

サイズは7.3GBほどでした。

Oracle Migration Service Platform起動

VirtualBoxを起動し、ダウンロードしてきたovaファイルをインポートし、仮想マシンを起動します。
仮想マシンが起動するとコンソール上にWebアクセス用のURLが表示されます。

上記のURLにブラウザでアクセスし、ログインします。

マイグレーション

移行元および移行先を入力していきます。

設定が終わったら、[Submit]します。

Jobが実行され、進捗が100%になると移行完了です。

まとめ

移行までの手順が簡単で、またほとんどコストがかからないのが嬉しいですね。
これからオラクルクラウドを利用する予定がある方でしたら、一度利用してみては如何でしょうか


Oracle Cloud

 

Return Top