スマートスタイル TECH BLOG

RDS for Auroraのハイエンドインスタンスでベンチマークを実行してみた

はじめに

先日、RDS for Aurora に対して sysbench を使ったベンチマークを実施する機会がありました。
その際、最もハイスペック(≒ 最も高価…)なインスタンスを使用する許可が下りまして、
中々世の中に出ない情報だと思うので、当ブログで公開したいと思います。

環境

使用した環境は以下の通りです。

■ DBサーバ(RDS)

instance type m4.2xlarge
CPU 32core vCPU
MEM 244GB
Disk 汎用SSD

■ 計測サーバ(EC2)

instance type db.r3.8xlarge
CPU 8core vCPU
MEM 32GB
Disk EBS

手順

ベンチマークの手順については、弊社がさくらナレッジさんに寄稿させて頂いた
さくら専用サーバでベンチマークを実施してみた ~ 手順編 ~」という記事と同じものを用いています。

Auroraのパラメータについては、以下の変数以外は全てデフォルトにしています。

  • query_cache_type=OFFに変更
    → クエリキャッシュによる高速化を防ぐため
  • innodb_buffer_pool_size=64Gに変更
    → Auroraの自動設定を防ぎ、MySQLとの設定に合わせるため
  • performance_schema=ONに変更
    → MySQL5.7以降では有効になるのが標準的のため
  • back_log=1500に変更
    → sysbencnに同時接続数に耐えるため
  • max_prepared_stmt_countに変更
    → sysbencnが発行する大量の prepared_statement に耐えるため

結果

ベンチマークの結果は以下のようになりました。

接続数 TPS QPS
8 280.48 5609.51
16 526.98 10539.55
32 689.67 13793.40
64 819.77 16395.49
128 2297.65 45952.90
512 2847.64 56952.72

※ さくらナレッジ記事で行ったベンチマークと同様に、スコアはテストを2回実施した上の平均値となります
https://knowledge.sakura.ad.jp/10250/

余談

ちなみに、今回のベンチマークにかかった費用を確認したところ、
合計43時間ほどの稼働時間で、320ドル(約35,000円)くらいかかりました…。

Return Top