プレスルーム

セミナー 「MariaDBを選ぶ理由 ~IIJにおける最新導入事例と活用のポイント~」のご案内(2015年12月3日開催)

「MariaDBを選ぶ理由 ~IIJにおける最新導入事例と活用のポイント~」MariaDBイベント開催!

MariaDBは、MariaDB Foundationが主体となって開発するオープンソース・データベースです。MySQLをベースにして、ソースコードの改善や新機能が組み入れられています。
近年、RedHatやSUSEといった主要なLinuxディストリビューションでの採用や、GoogleやFacebookなどの大規模Webサービスでも導入され、急速に普及が進んでいます。

今回のセミナーでは、「MariaDBへ移行したい」、「導入を検討したい」という方を対象に、基幹業務システムへの導入事例やMySQLとの性能比較など、MariaDBの導入検討にあたり実用的な情報をご提供いたします。

日時2015年12月3日(木)15:00-17:00(開場14:30)
場所IIJグループ本社(飯田橋グラン・ブルーム)13F会議室
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
参加費無料(事前登録制)
定員50名(定員超過の場合は、誠に恐縮ながら先着順とさせていただきます)
対象インフラ構築・運用のご責任者様、システムインテグレータのご担当者様、MariaDB導入をご検討のお客様
共催株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社スマートスタイル
協賛株式会社パソナテック
参加申し込みこちらよりお申込みください。
2015年12月2日(水)17:00まで

プログラム

時間 内容
15:00-15:20
(20分)
■ MariaDB 最新動向
株式会社スマートスタイル 代表取締役 野津 和也

MySQLは、世界でもっとも普及しているオープンソースのRDBMSとして知られており、マーケットシェアでは他のオープンソース・データベースを圧倒しています。ところが近年「MySQL」のブランチである「MariaDB」の注目が高まり、世界規模でシェアを拡大しています。 本セッションでは、「MariaDB」が急速に普及し始めている背景やMariaDB市場の最新動向に関してご紹介いたします。
15:20-15:50
(30分)
■ 基幹業務システムにおけるMariaDB導入事例
株式会社インターネットイニシアティブ
事業基盤システム部 業務システム開発課 森田 春樹

IIJでは「サービス運営業務・システムの全体最適化」を実現するためのプロジェクトを進めています。
本セッションでは、プロジェクトの中核となる基幹業務システムの刷新にあたり、サービス情報管理用データベースとして採用いたしましたMariaDBについて、導入の経緯と効果についてご紹介いたします。
15:50-16:00
(10分)
■ 休憩
16:00-16:30
(30分)
■ MySQLとMariaDB 徹底比較
株式会社インターネットイニシアティブ/株式会社スマートスタイル

MariaDBは、MySQLをベースにして、ソースコードの改善や新機能が組み入れられています。
本セッションでは、MariaDBとMySQLの機能比較、及びIIJ GIOクラウドサービス上での性能比較についてご紹介いたします。また、マルチマスターの同期レプリケーションを実現する技術であるGarela Clusterをそれぞれのデータベースで使用した場合の比較についてご紹介いたします。
16:30-17:00
(30分)
■ 「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」のご紹介
株式会社インターネットイニシアティブ


新しい技術革新がビジネスに応用され始めるとともに、クラウドネイティブの流れを受けて、様々な形態でクラウドを利用したいというニーズが高まっています。IIJでは、お客様の多様なニーズにお応えするために本年7月新しいクラウドサービスを発表いたしました。
本セッションでは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方のメリットを同時に享受できる新サービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」についてご紹介いたします。
17:00- ■ 個別相談会

備考

  • ※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

■電話・メールでのお問い合わせ
【IIJ GIOパートナープログラム事務局】  03-5205-6370 /gio-part-info@iij.ad.jp

ページトップへ