プレスルーム

セミナー「第2回 エンタープライズ向けのオープンソース勉強会 - 『コンテナ仮想化「Docker」技術勉強会』 - 」のご案内(2014年12月11日開催)

atnd02

注目のコンテナ仮想化「Docker」について、動向から入門~実践例を交えたエンジニア向けの勉強会です。

日時12/11(木) 19:00-20:40 (開場18:30、開始19:00)
場所株式会社IIJ 本社セミナールーム
〒102−0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
http://www.iij.ad.jp/company/about/map/head-office.html
参加費無料
定員100名
参加申し込みATNDイベントページよりお申込みください。

プログラム

時間 タイトル 詳細
19:00 開催の挨拶
19:10 レッドハット株式会社
仮想化、クラウドの次に来る「コンテナ化」
- DockerをRed Hatはどのように見ているのか -
仮想化が一般に使われるようになって数年が経ち、さらに企業によるクラウドの利用も広まってきました。
そこに登場した「Docker」によってこれからのコンピューティングがどのように変わるのか。
またRed HatはDockerをどのように評価し製品化しようとしているのかをご紹介します。
19:40 株式会社インターネットイニシアティブ
「Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例」
Dockerの基礎や仕組みについて説明した後、IIJ内部で開発環境やテスト自動化などでの利用例についてご説明をします。
20:10 PaaS勉強会 主宰 草間 一人
「DockerとKubernetesが作る未来」
Dockerはとても優れた仕組みですが、大規模に使おうとするといくつかの壁にぶつかります。その壁を乗り越える新しい仕組みが、Kubernetesです。このセッションでは、Kubernetesとは何か、これを使うと何ができるのか、そしてどのような未来を描けるかをご紹介します。
20:40 閉会の挨拶

スピーカー紹介

レッドハット株式会社 - 岩尾 はるか
レッドハット株式会社
グローバルサービス本部プラットフォームソリューション統括部
クラウドエバンジェリスト
株式会社インターネットイニシアティブ - 前橋 孝広
株式会社インターネットイニシアティブ
プラットフォーム本部
アプリケーションプラットフォームサービス部
分散システム技術課 兼 技術企画室
シニアエンジニア
草間 一人
PaaS勉強会 主宰

注意事項

  • ・喫煙所の場所:館内に喫煙所がございません。
  • ・無線LANの使用:無線LANをご使用いただけます。(接続情報は当日ご連絡)
  • ・JR飯田橋駅西口側にあります飯田橋グラン・ブルーム オフィス入口から入館していただき、エスカレータで2FのIIJ受付までお越しください。
  • ・当日は入館の際にビジターカードをお渡しいたしますので、その際、お名刺をお預かりいたしますのでご用意ください。

主催

エンタープライズオーエスエスビジネスパートナーズ(EnterpriseOSS Buisiness Partners)

協賛

ページトップへ