プレスルーム

セミナー「次世代システムのトレンドとコスト削減手法」のご案内(2010年8月25日開催)

次世代システムのトレンドとコスト削減手法
~我々が提案する最新のITを活用した次世代システム構想と、全社のコスト削減方法について、全て教えます~
(本セミナーは株式会社スマートスタイルと住友セメントシステム開発株式会社、アイビーシー株式会社の共同主催セミナーです)

経済環境の先行き不透明さが続く中、企業として更なるコスト削減が必須な状況です。

こうした中、OSS(オープンソースソフトウェア)やクラウドコンピューティングなど次世代システムへの取組みにより、ITシステムへの投資の考え方を変革することが重要となります。同時に、全社のコスト削減の為の効果的なITの活用について、及びシステム・ネットワーク監視等によるシステムの安定稼動とインフラコスト削減について理解することが重要となります。

本セミナーでは最新のトレンドとその活用をもとに、どのようにしてコスト削減(コスト最適化)を行なうかについてご説明します。

当セミナーはお申込みを終了いたしました。

開催概要

開催日時 2010年8月25日(水) 14:00~16:45 (13:30 受付開始)
開催場所 アットビジネスセンター東京駅八重洲口 2F I号室
東京都中央区八重洲2-10-10ムラキビル 地図はこちらをご覧ください
主催 住友セメントシステム開発株式会社/アイビーシー株式会社/株式会社スマートスタイル
費用 無料(事前登録制)
定員 30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
お申込み 当セミナーはお申込みを終了いたしました。
次回の開催をお待ちください。
※ 弊社にお問い合わせいただきましたら、次回のセミナー開催を優先的にご連絡いたします。
問合せ先 株式会社スマートスタイル MySQLソリューション事業部 営業部
電子メール:   電話番号:0120-936-088

プログラム

13:30 開場・受付開始
14:00~14:50

『MySQLを利用したデータベースライセンスのイニシャル・ランニングコスト徹底削減!』
株式会社スマートスタイル
執行役員
村石 喬大

日本でも利用が急拡大し、今や定番となりつつあるといっても過言ではないMySQL。
オープンソースソフトウェア(OSS)ならではの圧倒的なコストメリットは、多くの企業・ユーザーから熱い注目と支持を得ています。
スマートスタイルのセッションでは、MySQL のライセンス体系とコスト感、実際の採用事例のご紹介にフォーカスし、これからの時代のシステムコスト削減を提言します。

  1. MySQLのライセンス体系について
    MySQLはオープンソースソフトウェア(OSS)として無償で利用する事が可能な為、日本でも年間数百万回以上ダウンロードがされる程の人気です。
    でも、ライセンスの種類、ご存じですか?
    このパートでは業界最古のパートナーの1社であるスマートスタイルが、MySQLのライセンス体系とライセンスごとの採用シーンをご紹介します。
  2. MySQLのライセンスとコスト感について
    ライセンス体系が分かったところで、実際に他のデータベース製品とのコスト比較などをしてみましょう。
    MySQLの圧倒的なコストメリットがお分かり頂けると思います。
    また、このパートでは、お問い合わせの多い『MySQLをクラスタ化した際のコスト感』についてもご紹介します。
  3. MySQLを採用したコスト削減事例
    世間ではどの様な場所で MySQL が採用され、コスト削減を成功されているか、ご関心はありませんか?
    このパートではスマートスタイルが導入などをお手伝いした、実際のMySQLの採用事例と、コスト削減についてご紹介します(幾つかの事例はこのセッションで初公開します)。
15:00~15:50

『直ぐに始めるコスト削減と現場力強化!』
住友セメントシステム開発株式会社
ITソリューション部
山本 信夫

コスト削減には色々な方法があります。しかしながら、自社に合ったコスト削減(実現可能で且つ競争力を高める方法)がなかなか実現出来ていないのが実情です。
コスト削減にはIT活用が必須であり、IT投資が膨らむことが当たり前のように考えられています。
このような現状を認識した上でIT関連の低コスト化実現と、ITの活用による全社コスト削減、競争力強化を実現する最適な方法をご紹介します。

  1. コスト削減、どこを削減したいのか?出来るのか?
    コスト構造が見えているか
    コストに対する生産性の現状を把握しているか
    無駄な投資抑制と生産性を維持したコスト削減とは
  2. 全社的な業務が最適化されていますか?
    業務がスムーズに流れているか
    統制要件に対するチェックポイントが設定されているか
    業務負荷と生産性のバランスはとれているか
  3. IT 投資の短期・中長期視点での計画が出来ていますか?
    IT 資産が適切に管理されているか
    環境変化への対応が出来ているか
    ライフサイクルを考慮した予算計画が出来ているか
  4. 効果的なコスト削減実施のタイミングは?
    システム再構築、見直しの前に
    投資前評価設定と投資後の評価
    経営層と一体になったコスト削減実現に向けて
16:00~16:30

『ICT サービスの安定稼動実現』
アイビーシー株式会社
マーケティング本部 営業部 ソリューショングループ
梶田 将成

【システムインフラ「攻め」の監視による運用コストの削減効果】
複雑化したITインフラの動作状況を把握できなくてはサービスレベルの維持はおぼつきません。「ICT システムの見える化」による潜在的な障害検知、予防保守、運用効率UPを低コストでご提案します。
また、性能分析がもたらす最適な投資判断、コストの最適化などの事例をご紹介致します。

  1. 次世代型ITインフラ監視のご紹介
    「死活監視」と「性能監視」の違い
  2. ICTサービス監視ソリューションのご紹介
    詳細情報の収集効果
    異機種、マルチベンダ環境への適応
    属人化しない運用体制構築
  3. 従来監視製品とのコスト比較
    ランニングコスト、運用コストなどの観点から
  4. 性能分析効果の事例紹介
    根拠のある投資策定 など
16:30~16:45

質疑応答

ページトップへ