プレスルーム

住友セメントシステム開発株式会社との業務提携及び第三者割当増資について

報道関係者各位
プレスリリース

2010年 3月 3日
株式会社スマートスタイル

住友セメントシステム開発株式会社との業務提携及び第三者割当増資について

株式会社スマートスタイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野津和也、以下スマートスタイル)は、2010年2月26日、住友セメントシステム開発株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:加藤芳彦、以下住友セメントシステム開発)を割当先とする第三者割当増資を実施するとともに、3月1日、住友セメントシステム開発との業務提携契約を締結しました。

1.業務提携の理由

スマートスタイルは、長年に渡り、オープンソースソフトウェアの代表的データベースであるサン・マイクロシステムズ社の『MySQL』に関するソリューションを展開しており、導入コンサルティング、関連プロダクトの開発・販売、導入後のサポートサービス等における、日本市場でのリーディングカンパニーとして活動していますが、今後発展が見込まれるシステムのクラウド化への対応並びにコストパフォーマンスの高いITサービスの提供を目指し、住友セメントシステム開発と協力し事業展開を図って行きます。

住友セメントシステム開発は、各種業務用向けパッケージシステムの販売及び企業向けを主体としたシステムコンサルティングや設計開発、保守・運用などのITサービスを中核事業として展開しております。

オープンソースソフトウェアについては、クラウドシステムの発展に不可欠と言われており、企業システムへの利用に加え、今後益々活用度が高まっていくことが予想されています。

スマートスタイルは、住友セメントシステム開発とオープンソースソフトウェアを活用したシステム開発分野で協力関係を構築することで、これまで培ってきた技術力と豊富なソリューション実績と、住友セメントシステム開発の持つ業務システム開発のノウハウとを相互に活用することが可能となり、両社の発展につながると判断し、業務提携を行うこととしました。

また、スマートスタイルは住友セメントシステム開発を割当先とする第三者割当増資を実施することにより、この提携関係を強固なものとし、提携の目的を達成することが出来ると考えております。

今回の業務提携によって両社は、双方の既存顧客に加え、広範な業種・業態に対し、機能、コストを共に重視したソリューション提案が可能になると考えており、更なる業容の拡大を図ってまいります。

2.第三者割当増資の内容

発行新株式の種類 普通株式
発行新株式数 188株(所有割合 19.87%)
増資後発行済株式数 946株

住友セメントシステム開発について http://www.sumitem.co.jp/

商号 住友セメントシステム開発株式会社
代表者 加藤 芳彦
所在地 東京都江東区猿江二丁目16番5号
設立 1988年12月21日
資本金 100,000,000円(出資比率 住友大阪セメント(株):70%、日本電気(株):30%)
事業内容 各種業務用パッケージシステムの販売、ITソリューションの提供

スマートスタイルについて http://www.s-style.co.jp/

商号 株式会社スマートスタイル
代表者 野津 和也
所在地 東京都渋谷区元代々木町52番5号 コロムビア代々木公園ビル4F
設立 1982年10月2日
資本金 251,270,000円
事業内容 オープンソースソフトウェアデータベース「MySQL」を活用したソリューション提供

株式会社スマートスタイルは長年に渡り、『MySQL』について日本国内市場で戦略的な活動を行っている、日本で唯一のMySQL専門の「MySQLソリューションカンパニー」です。

MySQL EnterpriseなどのMySQLライセンスの販売を始め、導入、チューニング、コンサルティング、データベース設計等のサービスなど、MySQLを導入される企業を高い技術と万全のサポートで総合的に提供しております。MySQLライセンスについては日本国内でもトップクラスの販売数量と取引実績を誇ります。技術サービスにおいては、データベースパフォーマンスチューニングや自社MySQL専任データベースコンサルタントによるQ&A方式の運用・保守サービスなどで多数の実績を有します。

また、「Open Source Systems for Enterprise」を掲げ、近年、企業がオープンソースを選ぶ際に求める「高い信頼性」を重視し、個々の企業経営に即したシステムソリューション提案を行っております。

本件に関するお問合せ先

株式会社スマートスタイル
経営管理本部 管理部
〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町52-5 コロムビア代々木公園ビル4F
電話:(03)5452-3031/FAX:(03)5452-3032
Email:

 プレスリリースPDF ダウンロード

ページトップへ