MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.20-29.24がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/LATEST/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.20-29.24.html

2018年1月26日に、Percona XtraDB Cluster 5.7.20-29.24がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

特記:
パッケージ依存関係が更新されたため、Ubuntu/Debianユーザはアップグレードの際に
apt-get dist-upgrade, apt upgrade もしくは apt-get install percona-xtradb-cluster-57 を
実行してください。

New Feature(新機能)

* Ubuntu 17.10 Artful Aardvark is now supported.

  Ubuntu 17.10 Artful Aardvarkがサポートされました。
  
* PXC-737: freezing gcache purge was implemented to facilitate node joining through IST, avoiding time 
  consuming SST process.

  ISTによるノード追加と、SST処理の時間短縮のため、gcacheパージの停止機能が追加されました。

* PXC-822: a usability improvement was made to timeout error messages, the name of the configuration
  variable which caused the timeout was added to the message.

  タイムアウト発生時に関連するパラメータ変数の名称をエラーメッセージに含めることで、タイムアウトエラーの
  ユーザビリティが向上しました。

* PXC-866: a new variable wsrep_last_applied, in addition to wsrep_last_committed one, was introduced 
  to clearly separate last committed and last applied transaction numbers.

  wsrep_last_committed変数に加えて、wsrep_last_appliedという新しい変数が導入されました。これにより、
  最後にコミットされたトランザクションIDと最後に適用されたトランザクションIDを簡単に識別できます。

* PXC-868: on the Joiner, during SST, tmpdir variable under [sst] section can be used to specify 
  temporary SST files storage different from the default datadir/.sst one.

  SST実行中、JOINERノードにおいてSSTに必要な一時ファイルの格納先を [sst] セクション配下に指定することで
  デフォルトの datadir/.sst から変更できるようになりました。


Bugs Fixed(バグの修正)

* PXC-889: Fixed an issue where a node with an invalid value for wsrep_provider was allowed to
  start up and operate in standalone mode, which could lead to data inconsistency. 
  The node will now abort in this case. Bug fixed #1728774

  wsrep_provider変数に不正な値が設定されたノードを立ち上げた時にスタンドアロンモードで起動して
  しまい、データ不整合が発生し得る問題を修正しました。現在は起動時にアボートするようになります。

* PXC-806: fixed an abort caused by an early read of the query_id, ensuring valid ids are 
  assigned to subsequent transactions.

  後続のトランザクションに有効なIDを割り当てるため、query_idを先読みした時にアボートしてしまう
  不具合を修正しました。

* PXC-850: ensured that a node, because of data inconsistency, isolates itself before leaving
  the cluster, thus allowing pending nodes to re-evaluate the quorum. Bug fixed #1704404

  データ不整合が発生した時、該当ノードがクラスタが切り離すより先に自身でクラスタから離脱するため
  ノードに対して quorum の再評価が中々できない不具合を修正しました。

* PXC-867: wsrep_sst_rsync script was overwriting wsrep_debug configuration setting making it
  not to be taken into account.

  wsrep_sst_rsync スクリプトが wsrep_debug の設定を考慮せずに上書きしてしまう不具合を修正しました。

* PXC-873: fixed formatting issue in the error message appearing when SST is not possible 
  due to a timeout. Bug fixed #1720094

  SSTがタイムアウト以外で失敗した時に出力されるエラーメッセージを修正しました。

* PXC-874: PXC acting as async slave reported unhandled transaction errors, namely 
  “Rolling back unfinished transaction”.

  非同期スレーブとして稼働しているPXCが、トランザクションの制御に失敗した場合に "Rolling back 
  unfinished transaction" というメッセージを出力していました。

* PXC-875: Fixed an issue where toggling wsrep_provider off and on failed to reset some internal
  variables and resulted in PXC logging an "Unsupported protocol downgrade" warning. 
  Bug fixed #1379204

  wsrep_providerをオフにして、内部の変数のリセットに失敗した時に、"Unsupported protocol downgrade"
  のWarningメッセージが出力するのではなく、アボートするように変更となりました。

* PXC-877: fixed PXC hang caused by an internal deadlock.

  内部的なデッドロックによってPXCがハングしてしまう不具合を修正しました。

* PXC-878: thread failed to mark exit from the InnoDB server concurrency and therefore never got
  un-register in InnoDB concurrency system.

  InnoDBの並列制御の過程で exit マークが付けられなかったスレッドに関して、並列制御システム上で
  登録解除ができなくなる不具合を修正しました。

* PXC-879: fixed a bug where a LOAD DATA command used with GTIDs was executed on one node, 
  but the other nodes would receive less rows than the first one. Bug fixed #1741818

  GTIDが有効な状態でLOAD DATAコマンドを実行した時、実行ノード以外のノードが受け取る行数が
  少なくなってしまう不具合を修正しました。

* PXC-880: insert to table without primary key was possible with insertable view if pxc_strict_mode 
  variable was set to ENFORCING. Bug fixed #1722493

  pxc_strict_mode=ENFORCINGを設定しても、INSERT可能なビューに対してはPKなしでなってもINSERTが
  実行できてしまう不具合を修正しました。

* PXC-883: Fixed ROLLBACK TO SAVEPOINT incorrect operation on slaves by avoiding useless wsrep
  plugin register for a savepoint rollback. Bug fixed #1700593

  ROLLBACK TO SAVEPOINTを実行した時、スレーブで正常にロールバックされない不具合を修正しました。

* PXC-885: fixed IST hang when keyring_file_data is set. Bug fixed #1728688

  keyring_file_dataを設定した時にISTがハングしてしまう不具合を修正しました。

* PXC-887: gcache.page files were unnecessarily created due to an error in projecting gcache 
  free size when configured to recover on restart.
  
  正常にmysqldを再起動/リカバリしたときにも、gcacheのgache.pageファイルが不必要に作成されてしまう
  不具合を修正しました。

* PXC-895: Fixed transaction loss after recovery by avoiding interruption of the binlog recovery based on 
  wsrep saved position. Bug fixed #1734113

  wsrep saved positionに基づいたバイナリログのリカバリ処理の不整合を避けることで、リカバリ後に
  トランザクションがロストしてしまう不具合を修正しました。

* PXC-897: Fixed empty gtid_executed variable after recovering the position of a node with --wsrep_recover.

  --wsrep_recoverオプションを使ったリカバリ後に、gtid_executed変数が空になってしまう不具合を
  修正しました。

* PXC-906: Fixed certification failure in the case of a node restarting at the same time when frequent
  TRUNCATE TABLE commands and DML writes occur simultaneously on other nodes. Bug fixed #1737731

  TRUNCATE TABLEコマンドとDMLが他ノードで同時に実行されたと同時に、ノードを再起動した時に
  certificationが失敗してしまう不具合を修正しました。

* PXC-909: qpress package was turned into a dependency from suggested/recommended one on Debian 9.

  Debian 9で推奨される依存関係の中に、qpressパッケージが追加されました。

* PXC-903 and PXC-910: init.d/systemctl scripts on Debian 9 were updated to avoid starting 
  wsrep-recover if there was no crash, and to fix an infinite loop at mysqladmin ping fail 
  because of nonexistent ping user.

  Debian 9 の init.d/systemctl スクリプトが、クラッシュが発生していない場合、mysql起動時に
  wsrep-recoverを回避するようになりました。また、pingユーザが存在しないために mysqladmin pingが
  失敗し続けるループについても解消しました。

* PXC-914: Suppressing DDL/TOI replication in case of sql_log_bin zero value didn’t work when
  DDL statement was modifying an existing table, resulting in an error.

  sql_log_bin=0設定時に、DDL/TOIレプリケーションが抑制されず、DDLステートメントが既存テーブルに
  変更を加えた時にエラーが発生する不具合を修正しました。
  

Percona XtraDB Cluster 5.7.20-29.24 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/LATEST/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.20-29.24.html

Percona XtraDB Cluster 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の最新の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・PXC Strict Modeの実装
・Performance SchemaにGalera関連のinstrumentsの追加
・ノード間のSSL通信の強化
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.7をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-57/LATEST/

以上

ページトップへ