MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.19-29.22がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/blog/2017/09/22/percona-xtradb-cluster-5-7-19-29-22-now-available/

2017年09月22日に、Percona XtraDB Cluster 5.7.19-29.22がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Upgrade Instructions(アップグレード手順)

After you upgrade each node to Percona XtraDB Cluster 5.7.19-29.22, 
run the following command on one of the nodes:

各ノードを Percona XtraDB Cluster 5.7.19-29.22 にバージョンアップした後、
1ノード上で以下のコマンドを実行して下さい。

$ mysql -uroot -p < /usr/share/mysql/pxc_cluster_view.sql

Then restart all nodes, one at a time:

その後、全ノードを再起動してください。

$ sudo service mysql restart


New Features(新機能)

* Introduced the pxc_cluster_view table to get a unified view of the cluster. 
  This table is exposed through the performance schema.

  クラスタの一元的なビューを取得するための pxc_cluster_view テーブルが導入されました。
  このテーブルは Performance_schema から閲覧することができます。

* PXC-803: Added support for new features in Percona XtraBackup 2.4.7:

  + wsrep_debug enables debug logging
  + encrypt_threads specifies the number of threads that XtraBackup should use for 
    encrypting data (when encrypt=1). This value is passed using the --encrypt-threads 
    option in XtraBackup.
  + backup_threads specifies the number of threads that XtraBackup should use to create backups. 
    See the --parallel option in XtraBackup.

  Percona XtraBackup 2.4.7の新機能に対するサポートが追加されました。
  
  + wsrep_debug変数でデバッグのロギングを有効にできます
  + encrypt_threads変数で XtraBackup がデータ暗号化する際のスレッド数を指定できます(encrypt=1)
    この値は、XtraBackupで --encrypt-threads オプションを指定している場合は無視されます。
  + backup_threads変数で XtraBackup がバックアップを作成する際のスレッド数を指定できます。
    詳しくは XtraBackup の --parallelオプションを参照してください


Improvements(機能改善)

* PXC-835: Limited wsrep_node_name to 64 bytes.

  wsrep_node_name変数の値が64バイトに制限されました

* PXC-846: Improved logging to report reason of IST failure.

  ISTが失敗した時のログ出力が改善されました。

* PXC-851: Added version compatibility check during SST with XtraBackup:

  + If donor is 5.6 and joiner is 5.7: A warning is printed to perform mysql_upgrade.
  + If donor is 5.7 and joiner is 5.6: An error is printed and SST is rejected.

  XtraBackupのSST実行中に、バージョンの互換性チェック機能が追加されました。
  
  - donor…5.6 / joiner…5.7 の場合 : mysql_upgradeを実行するよう Warning が出力されます
  - donor…5.7 / joiner…5.6 の場合 : SSTが拒否された旨の Error が出力されます


Bugs Fixed(バグの修正)

* PXC-825: Fixed script for SST with XtraBackup (wsrep_sst_xtrabackup-v2) to include 
  the --defaults-group-suffix when logging to syslog. For more information, see #1559498.

  syslogへのロギングが有効な場合に、--defaults-group-suffixオプションを含むよう、
  XtraBackupのSSTスクリプト(wsrep_sst_xtrabackup-v2)を修正しました。
  詳細は #1559498 のページを参照してください。

* PXC-826: Fixed multi-source replication to PXC node slave. For more information, see #1676464.

  PXCノードに対してマルチソースレプリケーションを設定した時の不具合を修正しました。
  詳細は #1676464 のページを参照してください。

* PXC-827: Fixed handling of different binlog names between donor and joiner nodes when 
  GTID is enabled. For more information, see #1690398.

  GTIDが有効な場合に、donorノードと joinerノード間でバイナリログの名称が異なっているケースに
  対応できるよう修正しました。詳細は #1690398 のページを参照してください。

* PXC-830: Rejected the RESET MASTER operation when wsrep provider is enabled and 
  gtid_mode is set to ON. For more information, see #1249284.

  wsrep providerが有効、かつ gtid_mode が ON になっているときに、RESET MASTERコマンドが
  拒否されるようになりました。詳細は #1249284 のページを参照してください。

* PXC-833: Fixed connection failure handling during SST by making the donor retry connection 
  to joiner every second for a maximum of 30 retries. For more information, see #1696273.

  donorノードに joinerノードに対して毎秒、最大30回接続リトライをさせることで、SST中の
  接続エラーに対応できるよう修正しました。詳細は #1696273 のページを参照してください。

* PXC-839: Fixed GTID inconsistency when setting gtid_next.

  gtid_next変数を設定した時のGTID不整合について修正しました。

* PXC-840: Fixed typo in alias for systemd configuration.

  systemd 設定のためのエイリアスのタイポを修正しました。

* PXC-841: Added check to avoid replication of DDL if sql_log_bin is disabled. For more information, see #1706820.

  sql_log_binが無効になっている場合、DDLがレプリケーションされるのを避けるためのチェック機能が
  追加されました。詳細は #1696273 のページを参照してください。

* PXC-842: Fixed deadlocks during Load Data Infile (LDI) with log-bin disabled by ensuring 
  that a new transaction (of 10 000 rows) starts only after the previous one is committed 
  by both wsrep and InnoDB. For more information, see #1706514.

  バイナリログが無効となっている状況で、LOAD DATA INFILEを実行し、コミットされた直後に
  新しいトランザクション(10000行)を実行するとデッドロックが発生する不具合を修正しました。
  詳細は #1706514 のページを参照してください。

* PXC-843: Fixed situation where the joiner hangs after SST has failed by dropping all 
  transactions in the receive queue. For more information, see #1707633.

  受信キュー内のトランザクションが全てドロップされたことによりSSTが失敗した後に、
  joinerノードがハングアップしてしまう不具合を修正しました。詳細は #1707633 のページを
  参照してください。

* PXC-853: Fixed cluster recovery by enabling wsrep_ready whenever nodes become PRIMARY.

  ノードが PRIMARY 状態の時は必ず wsrep_ready を有効にすることでクラスタをリカバリする
  ように修正しました。

* PXC-862: Fixed script for SST with XtraBackup (wsrep_sst_xtrabackup-v2) to use 
  the ssl-dhparams value from the configuration file.

    設定ファイルから取得した ssl-dhparams の値を使うよう、XtraBackupのSSTスクリプト
    (wsrep_sst_xtrabackup-v2)を修正しました。

Percona XtraDB Cluster 5.7.19-29.22 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.19-29.22.html

Percona XtraDB Cluster 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の最新の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・PXC Strict Modeの実装
・Performance SchemaにGalera関連のinstrumentsの追加
・ノード間のSSL通信の強化
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.7をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-57/LATEST/

以上

ページトップへ