MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.18 がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.18-29.20.html

2017年6月2日に、Percona XtraDB Cluster 5.7.18がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Note

*Due to new package dependency, Ubuntu/Debian users should use apt-get dist-upgrade or apt-get install percona-xtradb-cluster-57 to upgrade.

 新しいパッケージの依存関係のため、Ubuntu/Debian ユーザーは、アップグレードのために apt-get dist-upgrade または apt-get install percona-xtradb-cluster-57 を使用する必要があります。

Bugs Fixed(バグの修正

*PXC-749: Fixed memory leak when running INSERT on a table without primary key defined and wsrep_certify_nonPK disabled (set to 0).

 wsrep_certify_nonPK変数が無効の状態で、PKが設定されていないテーブルに対してINSERTを実行した時にメモリリークが発生する不具合を修正しました。

*PXC-812: Fixed SST script to leave the DONOR keyring when JOINER clears the datadir.

 JOINER が datadir を削除する際に DONOR のキーリングを残すように SST のスクリプトが修正されました。

*PXC-813: Fixed SST script to use UTC time format.

 SSTのスクリプトがUTCの時刻形式を使用するよう修正しました。

*PXC-820: Enabled querying of pxc_maint_mode by another client during the transition period.

 pxc_maint_mode の変更中にも別のクライアントが pxc_maint_mode を照会できるようになりました。

*PXC-823: Fixed SST flow to gracefully shut down JOINER node if SST fails because DONOR leaves the cluster due to network failure. This ensures that the DONOR is then able to recover to synced state when network connectivity is restored For more information, see #1684810.

 DONORノードがネットワーク障害が原因でクラスタから切断されてしまい、SSTが失敗した時に、JOINERノードが正常にシャットダウンできるようになりました。これにより、ネットワークが正常に復旧した時に、DONERノードが同期状態に戻ることができます。詳細は #1684810 のページを参照してください。

*PXC-824: Fixed graceful shutdown of Percona XtraDB Cluster node to wait until applier thread finishes.

 Percona XtraDBクラスタノードの正常なシャットダウンは、アプライヤースレッドが終了するまで待機するようになりました。

Other Improvements(その他の改善点)

*PXC-819: Added five new status variables to expose required values from wsrep_ist_receive_status and wsrep_flow_control_interval as numbers, rather than strings that need to be parsed:

 wsrep_ist_receive_status および wsrep_flow_control_interval から必要な値を、解析の必要がある文字列ではなく、数値として公開するための5つの新しいステータス変数が追加されました。

   wsrep_flow_control_interval_low
   wsrep_flow_control_interval_high
   wsrep_ist_receive_seqno_start
   wsrep_ist_receive_seqno_current
   wsrep_ist_receive_seqno_end

Percona XtraDB Cluster 5.7.18 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.18-29.20.html

Percona XtraDB Cluster 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・PXC Strict Modeの実装
・Performance SchemaにGalera関連のinstrumentsの追加
・ノード間のSSL通信の強化
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.7をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-57/LATEST/

以上

ページトップへ