MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.6.38-26.23がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.6.38-26.23.html

2018年1月24日に、Percona XtraDB Cluster 5.6.38-26.23がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。


Bugs Fixed(バグの修正)

* PXC-889: Fixed an issue where a node with an invalid value for wsrep_provider was allowed to
  start up and operate in standalone mode, which could lead to data inconsistency. 
  The node will now abort in this case. Bug fixed #1728774

  wsrep_provider変数に不正な値が設定されたノードを立ち上げた時にスタンドアロンモードで起動して
  しまい、データ不整合が発生し得る問題を修正しました。現在は起動時にアボートするようになります。

* Ensured that a node, because of data inconsistency, isolates itself before leaving the cluster, 
  thus allowing pending nodes to re-evaluate the quorum. Bug fixed #1704404

  データ不整合が発生した時、該当ノードがクラスタが切り離すより先に自身でクラスタから離脱するため
  ノードに対して quorum の再評価が中々できない不具合を修正しました。

* PXC-875: Fixed an issue where toggling wsrep_provider off and on failed to reset some internal
  variables and resulted in PXC logging an "Unsupported protocol downgrade" warning. 
  Bug fixed #1379204

  wsrep_providerをオフにして、内部の変数のリセットに失敗した時に、"Unsupported protocol downgrade"
  のWarningメッセージが出力するのではなく、アボートするように変更となりました。

* PXC-883: Fixed ROLLBACK TO SAVEPOINT incorrect operation on slaves by avoiding useless wsrep
  plugin register for a savepoint rollback. Bug fixed #1700593

  ROLLBACK TO SAVEPOINTを実行した時、スレーブで正常にロールバックされない不具合を修正しました。
  
* PXC-887: gcache.page files were unnecessarily created due to an error in projecting gcache 
  free size when configured to recover on restart.
  
  正常にmysqldを再起動/リカバリしたときにも、gcacheのgache.pageファイルが不必要に作成されてしまう
  不具合を修正しました。

* Fixed transaction loss after recovery by avoiding interruption of the binlog recovery based on 
  wsrep saved position. Bug fixed #1734113

  wsrep saved positionに基づいたバイナリログのリカバリ処理の不整合を避けることで、リカバリ後に
  トランザクションがロストしてしまう不具合を修正しました。

* Fixed empty gtid_executed variable after recovering the position of a node with --wsrep_recover.

  --wsrep_recoverオプションを使ったリカバリ後に、gtid_executed変数が空になってしまう不具合を
  修正しました。

* Fixed certification failure in the case of a node restarting at the same time when frequent
  TRUNCATE TABLE commands and DML writes occur simultaneously on other nodes. Bug fixed #1737731

  TRUNCATE TABLEコマンドとDMLが他ノードで同時に実行されたと同時に、ノードを再起動した時に
  certificationが失敗してしまう不具合を修正しました。

* PXC-914: Suppressing DDL/TOI replication in case of sql_log_bin zero value didn’t work when
  DDL statement was modifying an existing table, resulting in an error.

  sql_log_bin=0設定時に、DDL/TOIレプリケーションが抑制されず、DDLステートメントが既存テーブルに
  変更を加えた時にエラーが発生する不具合を修正しました。

Percona XtraDB Cluster 5.6.38-26.23の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。 https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.6.38-26.23.html

Percona XtraDB Cluster 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の最新の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・SST, gcacheの機能強化
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.6をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-56/LATEST/

以上

ページトップへ