MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.6.35 がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/blog/2017/04/19/percona-xtradb-cluster-5-6-35-26-20-3-now-available/

2017年4月19日に、Percona XtraDB Cluster 5.6.35がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Note(注意)

* Due to end of life, Percona will stop producing packages for the following distributions 
  after July 31, 2017:

  Perconaは、2017/07/31に下記ディストリビューションに対してパッケージの提供を停止します。

  ・Red Hat Enterprise Linux 5 (Tikanga)
  ・Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin)

Bugs Fixed(バグの修正)

* Updated semantics for gcache page cleanup to trigger when either gcache.keep_pages_size
  or gcache.keep_pages_count exceeds the limit, instead of both at the same time.

  gcache pageのクリーニング処理が実行される条件が、「gcache.keep_pages_size変数 と
  gcache.keep_pages_count変数の閾値のどちらか片方を超過した時」に変更になりました。
  前回までは、両方を超過することが条件でした。

* Added support for passing the XtraBackup buffer pool size with the use-memory option 
  under [xtrabackup] and the innodb_buffer_pool_size option under [mysqld] when 
  the --use-memory option is not passed with the inno-apply-opts option under [sst].

  設定ファイルの[sst]セクション内に"inno-apply-opts"が設定されており、--use-memory
  オプションが無視された場合は、[xtrabackup]セクション内の"use-memory"と、
  [mysqld]セクション内の"innodb_buffer_pool_size"の設定が適用されるようになりました

* Fixed gcache page cleanup not triggering when limits are exceeded.

  閾値を超えた場合でも、gcacheのクリーニング処理が実行されない不具合を修正しました。

* PXC-782: Updated xtrabackup-v2 script to use the tmpdir option (if it is set under 
  [sst], [xtrabackup] or [mysqld], in that order).

  バグ識別子:PXC-782
  "xtrabackup-v2"スクリプトが、tmpdir変数に指定されたディレクトリを使用するように
  なりました([sst], [xtrabackup], [mysqld]の順番で上書きされます)。

* PXC-784: Fixed the pc.recovery procedure to abort if the gvwstate.dat file is empty
  or invalid, and fall back to normal joining process. For more information, see #1669333.

  バグ識別子:PXC-784
  gvwstate.datが空、もしくは破損していた場合の pc.recovery の手順を修正し、
  通常のjoining処理に戻れるようにしました。

* PXC-794: Updated the sockopt option to include a comma at the beginning if it is not 
  set by the user.

  バグ識別子:PXC-794
  sockoptオプションでカンマが記載されていない場合、自動で最初に追加するようになりました。

* PXC-797: Blocked wsrep_desync toggling while node is paused to avoid halting the cluster
  when running FLUSH TABLES WITH READ LOCK. For more information, see #1370532.

  バグ識別子:PXC-797
  "FLUSH TABLES WITH READ LOCK"が実行された時に、クラスタがダウンしてしまうのを避けるため
  ロック取得中はwsrep_desync状態にならないようになりました。

* Fixed several packaging and dependency issues.

  いくつかのパッケージと依存関係の問題を修正しました。

Percona XtraDB Cluster 5.6.35の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.6.35-26.20-3.html

Percona XtraDB Cluster 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の最新の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・SST, gcacheの機能強化
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.6をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-56/LATEST/

以上

ページトップへ