MySQLニュース

Percona Server 5.7.21-20がリリースされました

オリジナル版:
https://www.percona.com/doc/percona-server/LATEST/release-notes/Percona-Server-5.7.21-20.html

2018年2月19日に、Percona Server 5.7.21-20がリリースされました。
同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。


New Features(新機能)

* A new string variable version_suffix allows to change suffix for the Percona Server 
  version string returned by the read-only version variable. Also version_comment is 
  converted from a global read-only to a global read-write variable.

  新しくversion_suffix変数が実装され、バージョン情報のサフィックスを変更できるように
  なりました。また、version_commentがread_onlyなグローバル変数から、read_write可能な
  グローバル変数になりました。

* A new keyring_vault_timeout variable allows to set the amount of seconds for the 
  Vault server connection timeout. Bug fixed #298.

  keyring_vault_timeout変数が追加され、Vaultサーバの接続タイムアウト秒数を設定できる
  ようになりました。

Bugs Fixed(バグ修正)

* mysqld startup script was unable to detect jemalloc library location for preloading,
  and that prevented starting Percona Server on systemd based machines. 
  Bugs fixed #3784 and #3791.

  mysqldの起動スクリプトがプリロード時にjemallocライブラリのロケーションを指定できない
  ため、systemdベースのサーバでPercona Serverが起動できない不具合を修正しました。

* There was a problem with fulltext search, which could find a word with punctuation
  marks in natural language mode only, but not in boolean mode. 
  Bugs fixed #258, #2501 (upstream #86164).

  全文検索に関して、language modeの時のみ句読点が読み取られ、boolean modeの時は
  動作しない不具合を修正しました。

* Build errors were present on FreeBSD (caused by fixing the bug #255 in Percona Server
  5.6.38-83.0) and on MacOS (caused by fixing the bug #264 in Percona Server 5.7.20-19). 
  Bugs fixed #2284 and #2286.

  FreeBSD および MacOS で発生していたビルドエラーを修正しました。

* A bunch of fixes was introduced to remove GCC 7 compilation warnings for the Percona
  Server build. Bugs fixed #3780 (upstream #89420, #89421, and #89422).

  GCC 7の互換性を排除したことによるビルド時のワーニングを解消しました。

* CMake error took place at compilation with bundled zlib. Bug fixed #302.

  バンドルされたzlibの互換性に起因するCMakeエラーを修正しました。

* It was possible to enable encrypt_binlog with no binary or relay logging enabled.
  Bug fixed #287.

  バイナリログもしくはリレーログが向こうの状態でencrypt_binlogを有効できてしまう
  不具合を修正しました。

* Long buffer wait times where occurring on busy servers in case of the 
  IMPORT TABLESPACE command. Bug fixed #276.

  IMPORT TABLESPACE実行中に長時間のバッファ待ちが発生する不具合を修正しました。

* Server queries that contained JSON special characters and were logged by Audit Log
  Plugin in JSON format caused invalid output due to lack of escaping. Bug fixed #1115.
  
  JSONの特別な文字を含んだクエリが監査ログに出力された時に、エスケープが考慮されず
  不正な出力になってしまう不具合を修正しました。

* Percona Server now uses Travis CI for additional tests. Bug fixed #3777.

  Percona Serverは追加テストツールとしてTravis CIを使用するようになりました。


Percona Server 5.7.20-29.24 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。 https://www.percona.com/doc/percona-server/LATEST/release-notes/Percona-Server-5.7.21-20.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ