MySQLニュース

Percona Server 5.7.18-14がリリースされました

オリジナル版:
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.18-14.html

2017年4月5日に、Percona Server 5.7.18-14がリリースされました。
同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Features(新たな特徴)

* Percona Server 5.7 packages are now available for Ubuntu 17.04 (Zesty Zapus).

Percona Server 5.7パッケージが、Ubuntu 17.04(Zesty Zapus)で利用できるようになりました。

* Percona Server now supports Prefix Index Queries Optimization.

"Prefix Index Queries Optimization"を新たにサポートするようになりました。

* Percona Server has implemented support for Gap locks detection from a Facebook MySQL patch.

Facebookが提供したMySQLパッチのおかげで、Percona ServerでもGapロックの検出機能がサポートされます。

* tokudb_dir_cmd can now be used to edit the TokuDB files.

TokuDB関連ファイルを編集するための tokudb_dir_cmd オプションが使用できるようになりました

Bugs Fixed(バグの修正)

* Deadlock could occur in I/O-bound workloads when server was using several small buffer pool instances in combination with small redo log files and variable innodb_empty_free_list_algorithm set to backoff algorithm. Bug fixed #1651657.

サーバが小さなバッファプールインスタンス、小さなredoログ、"innodb_empty_free_list_algorithm=backoff"を使用している場合に、I/Oバウンドなワークロードだとデッドロックが発生する可能性がありました。

* Fixed a memory leak in Percona TokuBackup. Bug fixed #1669005.

Percona TokuBackupでメモリーリークが発生する不具合を修正しました。

* Compressed columns with dictionaries could not be added to a partitioned table by using ALTER TABLE. Bug fixed #1671492.

ALTER TABLEでパーティショニングされたテーブルに対して、カラム圧縮機能を使用できない不具合を修正しました。

* Fixed a memory leak that happened in case of failure to create a multi-threaded slave worker thread. Bug fixed #1675716.

マルチスレッドスレーブのworkerスレッドの作成に失敗した時に、メモリリークが発生してしまう不具合を修正しました。

* In-Place upgrade from Percona Server 5.6 to 5.7 by using standalone packages would fail if /var/lib/mysql wasn’t defined as the datadir. Bug fixed #1687276.

"/var/lib/mysql"がdatadirとして指定されていない場合に、スタンドアロンパッケージを使用して 5.6 -> 5.7 にIn-Placeアップグレードすると失敗してしまう不具合を修正しました。

* Combination of using any audit API-using plugin, like Audit Log Plugin and Response Time Distribution, with multi-byte collation connection and PREPARE statement with a parse error could lead to a server crash. Bug fixed #1688698 (upstream #86209).

監査APIプラグイン(Audit Log Plugin や Response Time Distributionなど)と、マルチバイトcollationの接続、パーサでエラーとなるPREPAREステートメントが組み合わさった時に、サーバがクラッシュする可能性がありました。

* Fix for a #1433432 bug in Percona Server 5.6.28-76.1 caused a performance regression due to suboptimal LRU manager thread flushing heuristics. Bug fixed #1631309.

Percona Server 5.6.28-76.1で実施したバグ(#1433432)の修正によって、次善の LRU マネージャスレッドがフラッシュしてしまう影響でパフォーマンスが低下してしまいました。

* Creating Compressed columns with dictionaries in MyISAM tables by specifying partition engines would not result in error. Bug fixed #1631954.

partitionエンジンを指定して、MyISAMテーブルでカラム圧縮を有効にすると、エラーが発生しない不具合を修正しました。

* It was not possible to configure basedir as a symlink. Bug fixed #1639735.

シンボリックリンクをbasedirにすることができなかった不具合を修正しました。

* Replication slave did not report Seconds_Behind_Master correctly when running in multi-threaded slave mode. Bug fixed #1654091 (upstream #84415).

マルチスレッドスレーブが有効な場合に、スレーブがSeconds_Behind_Masterを正しく出力できていなかった不具合を修正しました。

* DROP TEMPORARY TABLE would create a transaction in binary log on a read-only server. Bug fixed #1668602 (upstream #85258).

read-onlyなサーバであっても、DROP TEMPORARY TABLEがバイナリログにトランザクションとして記録されてしまう不具合を修正しました。

* Processing GTIDs in the relay log that were already been executed were causing write/fsync amplification. Bug fixed #1669928 (upstream #85141).

既に実行済みのリレーログ内のGTIDを処理することで、write/fsyncが増幅してしまう不具合を修正しました。

* Text/BLOB fields were not handling sorting of the empty string consistently between InnoDB and filesort. Bug fixed #1674867 (upstream #81810) by porting a Facebook patch for MySQL.

Text/BLOB領域において、InnoDBとファイルソートの間で空文字が正しくソートされない不具合を修正しました。これはFacebookがMySQLに対して提供したパッチのおかげです。

* InnoDB adaptive hash index was using a partitioning algorithm which would produce uneven distribution when the server contained many tables with an identical schema. Bug fixed #1679155 (upstream #81814).

一つのスキーマに多くのテーブルが存在している時に、InnoDB adaptive hash indexがpartitionアルゴリズムを使用すると不均質な状態になってしまう不具合を修正しました。

* For plugin variables that are signed numbers, doing a SHOW VARIABLES would always show an unsigned number. Fixed by porting a Facebook patch for MySQL.

符号付き数値をもつプラグイン変数のために、SHOW VARIABLESが常に符号なし数値を出力してしまう不具合を修正しました。これはFacebookがMySQLに対して提供したパッチのおかげです。

Percona Server 5.7.18-14 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.18-14.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ