MySQLニュース

Percona Server 5.7.17-12がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.17-12.html

2017年3月24日に、Percona Server 5.7.17-12がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

2017年3月24日に、Percona Server 5.7.17-12がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

New Features(新たな特徴)

* Percona Server has implemented new mysqldump --order-by-primary-desc option. This feature tells mysqldump to take the backup by descending primary key order (PRIMARY KEY DESC) which can be useful if storage engine is using reverse order column family for a primary key.

  Percona Server は mysqldump に新しく--order-by-primary-desc オプションを追加しました。この機能は mysqldump でバックアップをプライマリキーの降順 
(PRIMARY KEY DESC)で行います。これはストレージエンジンがプライマリーキーのカラムを逆順で使う場合に役に立ちます。


* mysqldump will now detect when MyRocks is installed and available by seeing if there is a session variable named rocksdb_skip_fill_cache and setting it to 1 if it exists.

  mysqldump は MyRocks がインストールされ使用可能な状態であることを、セッション変数に rocksdb_skip_fill_cached が存在するかどうかを調べて、存在する場合は1に設定することで検出します。


* mysqldump will now automatically enable session variable rocksdb_bulk_load if it is supported by target server.

  mysqldump は対象サーバーの rocksdb_bulk_load セッション変数がサポートされている場合、自動的に有効化します。


Bugs Fixed(バグの修正)

* If the variable thread_handling was set to pool-of-threads in the MySQL configuration file, server couldn’t be gracefully shut down by a SIGTERM signal. Bug fixed #1537554.

  MySQLの設定ファイルの thread_handling 変数に pool-of-threads がセットされている場合、SIGTERM シグナルで 正常にシャットダウンできない問題を修正しました。


* When innodb_ft_result_cache_limit was exceeded by internal memory allocated by InnoDB during the FT scan not all memory was released which could lead to server assertion. Bug fixed #1634932 (upstream #83648).

  innodb_ft_result_cache_limit が FTスキャン中に InnoDB によって割り当てられた内部メモリーが超過した場合、全てのメモリーが解放されずにサーバーのアサーションにつながる問題を修正しました。


* Executing the FLUSH LOGS on a read-only slave with a user that doesn’t have the SUPER privilege would result in Error 1290. Bug fixed #1652852 (upstream #84350).

  read-only のスレーブで SUPER 権限を持たないユーザーが FLUSH LOGS を実行した場合、 Error 1290 となる問題を修正しました。


* FLUSH LOGS was disabled with read_only and super_read_only variables. Bug fixed #1654682 (upstream #84437).

  FLUSH LOGS は read_only と super_read_only 変数で無効になりました。


* If SHOW BINLOGS or PERFORMANCE_SCHEMA.GLOBAL_STATUS query, and a transaction commit would run in parallel, they could deadlock. Bug fixed #1657128.

  SHOW BINLOGS もしくは PERFORMANCE_SCHEMA.GLOBAL_STATUS で トランザクションコミットが平行して実行された場合、デッドロックになる問題を修正しました。


* A long-running binary log commit would block SHOW STATUS, which in turn could block a number of of other operations such as client connects and disconnects. Bug fixed #1646100.

  長時間実行されるバイナリログのコミットは SHOW STATUS をブロックします。このことで他の多くのそうさやクライアントの接続や切断をブロックする問題を修正しました。


* Log tracking initialization did not find last valid bitmap data correctly. Bug fixed #1658055.

  ログトラッキングの初期化で最後の有効なビットマップデータを正しく検知できなかった問題を修正しました。


* A query using range scan with a complex range condition could lead to a server crash. Bug fixed #1660591 (upstream #84736).

  複雑な範囲条件で range scan が実行されるクエリーでサーバーがクラッシュする可能性がある問題を修正しました。


* Race condition between buffer pool page optimistic access and eviction could lead to a server crash. Bug fixed #1664280.

  バッファプールのオプティミスティックアクセスとエビクションで競合状態になるとサーバーがクラッシュする可能性がある問題を修正しました。


* If Audit Log Plugin was unable to create file pointed by audit_log_file, server would crash during the startup. Bug fixed #1666496.

  Audit Log プラグインが audit_log_file が指すファイルを作成できなった時、サーバーの起動時にクラッシュする問題を修正しました。


* A DROP TEMPORARY TABLE ... for a table created by a CREATE TEMPORARY TABLE ... SELECT ... would get logged in the binary log on a disconnect with mixed mode replication. Bug fixed #1671013.

  CREATE TEMPORARY TABLE ... SELECT ... で作成されたテーブルを DROP TEMPORARY TABLE ... すると、mixed モードのレプリケーションではバイナリログに disconnect が記録される問題を修正しました。


* TokuDB did not use index with even if cardinality was good. Bug fixed #1671152.

  TokuDBでカーディナリティが高いにもかかわらずインデックスが使われない問題を修正しました。


* Row-based replication events were not reflected in Rows_updated fields in the User Statistics INFORMATION_SCHEMA tables. Bug fixed #995624.

  Rowベースのレプリケーションで  INFORMATION_SCHEMA テーブルのユーザー統計の Rows_updated フィールドが反映されない問題を修正しました。


* When DuplicateWeedout strategy was used for joins, use was not reported in the query plan info output extension for the slow query log. Bug fixed #1592694.

  DuplicateWeedout による join が行われた時に、スロークエリーログの拡張出力にクエリープランに記録されていない問題を修正しました。


* It was impossible to use column compression dictionaries with partitioned InnoDB tables. Bug fixed #1653104.

  InnoDB でパーティションされたテーブルで compression dictionaries カラムが使えない問題を修正しました。


* Diagnostics for OpenSSL errors have been improved. Bug fixed #1660339 (upstream #75311).

  OpenSSLエラーに関する診断を強化しました。

Percona Server 5.7.17-12 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.17-12.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ