MySQLニュース

Percona Server 5.7.12-5がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/blog/2016/06/06/percona-server-5-7-12-5-now-available/

2016年6月6日に、Percona Server 5.7.12-5がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Bugs Fixed(バグの修正)

* MEMORY storage engine did not support JSON columns. Bug fixed #1536469.

  MEMORYストレージエンジンでJSONカラムがサポートされていなかった不具合を修正しました。(#1536469)

* Attempting to execute a non-existing prepared statement with Response Time Distribution plugin enabled could lead to a server crash. Bug fixed #1538019.

  Response Time Distributionプラグインで存在していないプリペアドステートメントを実行しようとすると、サーバーが落ちてしまう不具合を修正しました。(#1538019)

* Adding an index to an InnoDB temporary table while expand_fast_index_creation was enabled could lead to server assertion. Bug fixed #1554622.

  expand_fast_index_creation変数が有効の時、InnoDBエンジンの一時テーブルにインデックスを追加すると、アサーションエラーが発生する不具合を修正しました。(#1554622)

* Percona Server was missing the innodb_numa_interleave server variable. Bug fixed #1561091 (upstream #80288).

  innodb_numa_interleave変数が機能していなかった不具合を修正しました。(#1561091, upstream #80288)

* Running SHOW STATUS in parallel to online buffer pool resizing could lead to server crash. Bug fixed #1577282.

  オンラインでバッファプールサイズを変更している最中に、SHOW STATUSコマンドを実行するとサーバがダウンしてしまう不具合を修正しました。(#1577282)

* InnoDB crash recovery might fail if innodb_flush_method was set to ALL_O_DIRECT. Bug fixed #1529885.

  innodb_flush_method=ALL_O_DIRECTを設定していると、InnoDBのクラッシュリカバリが失敗してしまう不具合を修正しました。(#1529885)

* Percona Server is now built with system zlib library instead of the older bundled one. Bug fixed #1108016.

  Percona Serverは新しいzlibライブラリをビルドインするようになりました。(#1108016)

* Reduced the memory overhead per page in the InnoDB buffer pool. The fix was based on Facebook patch #91e979e. Bug fixed #1536693 (upstream #72466).

  InnoDBバッファプールにおいてページ毎のメモリのオーバーヘッドを減らしました。この修正はFacebookのパッチ #91e979eに基づいています。(#1536693)

* Parallel doublewrite memory was not freed with innodb_fast_shutdown was set to 2. Bug fixed #1578139.

  innodb_fast_shutdown=2を設定していると、Parallel double writeのメモリが解放されない不具合を修正しました。(#1578139)

* A replication slave would fail to connect to a master running 5.5. Bug fixed #1566642 (upstream #80962).

  稼働中のPercona5.5マスタに対して、Percona5.7がスレーブとして接続できない不具合を修正しました。(#1566642, upstream #80962)


Percona Server 5.7.12-5 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.12-5.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ