MySQLニュース

Percona Server 5.7.11-4がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.11-4.html

2016年3月15日に、Percona Server 5.7.11-4がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Features(新たな特徴)

Percona Server has implemented Parallel doublewrite buffer.

Percona Serverは並列したダブルライトバッファが実装されるようになりました。

TokuDB Background ANALYZE TABLE feature is now enabled by default (tokudb_analyze_in_background is set to ON by default). Variable tokudb_auto_analyze default value has been changed from 0 to 30. (#935)

TokuDB Background ANALYZE TABLEはデフォルトで有効になります。
(tokudb_analyze_in_backgroundはデフォルトがオンに設定されます。)
tokudb_auto_analyzeのデフォルト値は0から30に変更されています。(#935)

Suppress Warning Messages feature has been removed from Percona Server 5.7 because MySQL 5.7.11 has implemented a new system variable, log_statements_unsafe_for_binlog, which implements the same effect.

Suppress Warning Messagesは、log_statements_unsafe_for_binlogという同じ機能を持つ新しいシステム変数をMySQL 5.7.11が実装されたため、Percona Server 5.7から削除されました。


Bugs Fixed(バグの修正)

* If pid-file option wasn’t specified with the full path, Ubuntu/Debian sysvinit script wouldn’t notice the server is actually running and it will timeout or in some cases even hang. Bug fixed #1549333.

  PIDファイルオプションをフルパスで指定していない場合、Ubuntu/Debianのsysvinitスクリプトはサーバーが確実に起動しているかどうかを判断できず、結果としてタイムアウトになるか、応答がなくなってしまう不具合を修正しました。(#1549333)

* Percona Server 5.7 systemd script now takes the last option specified in my.cnf if the same option is specified multiple times. Previously it would try to take all values which would break the script and server would fail to start. Bug fixed #1554976.

  Percona Server 5.7のsystemdスクリプトは、同じオプションが複数回指定されている場合、my.cnfで最後に指定されたオプションの値を取りに行きます。以前は、すべての値を取得しようとして、スクリプトが壊れたり、サーバーの起動が失敗していた不具合を修正しました。(#1554976)

* mysqldumpslow script has been removed because it was not compatible with Percona Server extended slow query log format. Please use pt-query-digest from Percona Toolkit instead. Bug fixed #856910.

  mysqldumpslowスクリプトは、スロークエリログフォーマットが拡張されたPercona Serverとの互換性を持たないため、削除されました。代わりに、Percona Toolkitからpt-query-digestをご利用ください。(#856910)


Percona Server 5.7.11-4 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.11-4.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ