MySQLニュース

Percona Server 5.6.30-76.3がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.30-76.3.html

2016年5月25日に、Percona Server 5.6.30-76.3がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Bugs Fixed(バグの修正)

*Attempting to execute a non-existing prepared statement with Response Time Distribution plugin enabled could lead to a server crash. Bug fixed #1538019.

 Response Time Distributionプラグインで存在していないプリペアドステートメントを実行しようとすると、サーバーが落ちてしまう不具合を修正しました。(#1538019)

*Percona Server is now built with system zlib library instead of the older bundled one. Bug fixed #1108016.

 Percona Serverは新しいzlibライブラリをビルドインするようになりました。(#1108016)

*Reduced the memory overhead per page in the InnoDB buffer pool. The fix was based on Facebook patch #91e979e. Bug fixed #1536693 (upstream #72466).

 InnoDBバッファプールにおいてページ毎のメモリのオーバーヘッドを減らしました。この修正はFacebookのパッチ #91e979eに基づいています。(#1536693)

*CREATE TABLE ... LIKE ... could create a system table with an unsupported enforced engine. Bug fixed #1540338.

 CREATE TABLE ... LIKE ...構文は、サポートされていないenforced engineでもシステムテーブルを作成できるようになりました。(#1540338)

*Server will now show more descriptive error message when Percona Server fails with errno == 22 "Invalid argument", if innodb_flush_method was set to ALL_O_DIRECT. Bug fixed #1578604.

 もしinnodb_flush_methodがALL_O_DIRECTに設定されていた場合、Percona Serverが22番エラー"Invalid argument"で失敗すると、サーバーがより詳細なエラーメッセージを表示するよう修正されました。(#1578604)

*mysql-systemd would fail with PAM authentication and proxies due to regression introduced when fixing #1534825 in Percona Server 5.6.29-76.2. Bug fixed #1558312.

 mysql-systemdはPercona Server 5.6.29-76.2.で修正した#1534825によって、PAM認証やプロキシに失敗していた不具合を修正しました。(#1558312)

*If ALTER TABLE was run while tokudb_auto_analyze variable was enabled it would trigger auto-analysis, which could lead to a server crash if ALTER TABLE DROP KEY was used because it would be operating on the old table/key meta-data. Bug fixed #945.

 tokudb_auto_analyze変数が有効になっている間にALTER TABLEを実行すると、古いテーブル/キーのメタデータで操作されているため、ALTER TABLE DROP KEYが使われた場合に、サーバーが落ちる原因となるauto-analysisを引き起こす不具合を修正しました。

*The TokuDB storage engine with tokudb_pk_insert_mode set to 1 is safe to use in all conditions. On INSERT IGNORE or REPLACE INTO, it tests to see if triggers exist on the table, or replication is active with !BINLOG_FORMAT_STMT before it allows the optimization. If either of these conditions are met, then it falls back to the “safe” operation of looking up the target row first. Bug fixed #952.

 tokudb_pk_insert_modeが1にセットされたTokuDBストレージエンジンは、いかなる状況でも安全に使用されます。
 INSERT IGNORE やREPLACE INTO構文は、トリガーがテーブル上に存在しているかどうか、もしくはレプリケーションがオプティマイザーが使用される前に!BINLOG_FORMAT_STMTによってアクティブであるかどうかをテストします。
 もし、どちらかに該当した場合には、初めにターゲットとなる行を検索する操作に戻るよう設定されています。(#952)

*Bug in TokuDB Index Condition Pushdown was causing ORDER BY DESC to reverse the scan outside of the WHERE bounds. This would cause query to hang in a sending data state for several minutes in some environments with large amounts of data (3 billion records) if the ORDER BY DESC statement was used. Bugs fixed #988, #233, and #534.

 WHERE句の外側でスキャンを逆にするためにORDER BY DESCを引き起こしていた、TokuDBにおけるIndex Condition Pushdownのバグを修正しました。
 ORDER BY DESCが使用された場合、3億レコードもの非常に膨大なデータを使ったある環境で、クエリが数分間sending data状態に陥いることになります。(#988, #233, #534)




Percona Server 5.6.30-76.3 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.30-76.3.html

Percona Server 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona Server 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.6をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.6/LATEST/

以上

ページトップへ