MySQLニュース

Percona Server 5.6.28がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.28-76.1.html

2016年1月12日に、Percona Server 5.6.28-76.1がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Bugs Fixed(バグの修正)

* Clustering secondary index could not be created on a partitioned TokuDB table. Bug fixed #1527730 (#720).

  パーティショニングされたTokuDBテーブルに対し、クラスタセカンダリインデックスが作成できない不具合を修正しました。(#1527730)

* When enabled, super-read-only option could break statement-based replication while executing a multi-table update statement on a slave. Bug fixed #1441259.

  super-read-only権限を有効にした場合、複数テーブルへのUPDATE文を実行した時にSTATEMENT形式レプリケーションが壊れてしまう不具合を修正しました。(#1441259)

* Small buffer pool size could cause XtraDB buffer flush thread to spin at 100% CPU. Bug fixed #1433432.

  XtraDBにおいてバッファプールサイズを過少に設定すると、スレッドのフラッシュ時にCPU使用率が100%に達してしまう不具合を修正しました。(#1433432)


Percona Server 5.6.28-76.1 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.28-76.1.html

Percona Server 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona Server 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.6をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.6/LATEST/

以上

ページトップへ