MySQLニュース

Percona Server 5.6.26がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.26-74.0.html

2015年9月15日に、Percona Server 5.6.26-74.0がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Features(新たな特徴)

* TokuDB storage engine source has been merged into the Percona Server code. TokuDB storage engine tokudb_version variable now has the same value as the Percona Server version variable.

  TokuDBストレージエンジンが、Perconaのソースコードにマージされました。これにより、今後はTokuDBのバージョン管理は、Perconaのバージョンと同時に行われます。
  (この他、TokuDBを利用するためのサーバ変数などがいくつか追加されています)

* TokuDB Hot Backup has been renamed to Percona TokuBackup and it is now open source. Source code has been integrated into Percona Server code as a git submodule. TokuDB Hot Backup plugin source code has been merged into Percona Server code.

  「TokuDB Hot Backup」が、「Percona Tokubackup」に名前を変え、オープンソースとして利用できるようになりました。同ツールはプラグインとして、Percona Serverに組み込まれています。
  (この他、「Tokutek Fractal Tree」も、「Percona FT」に名称が変わっています)

* Percona Server now supports changing the server_id variable per session, by implementing the new pseudo_server_id variable. This feature is also fixing upstream bug #35125.

  "pseudo_server_id"というサーバ変数が追加され、セッション単位で"server_id"の設定値を変更できるようになりました。
  (これにより、バグ#35125 が修正されました)

* Percona Server has temporarily disabled savepoints in triggers and stored functions. 
  
  ストアドプロシージャやトリガー内のセーブポイントを、一時的に無効にすることができるようになりました
  
Bugs Fixed(バグの修正)

* Querying GLOBAL_TEMPORARY_TABLES table would crash threads working with internal temporary tables used by ALTER TABLE. Bug fixed #1113388.

  information_schemaのGLOBAL_TEMPORARY_TABLESテーブルが原因で、ALTER TABLE文実行中にスレッドが落ちてしまう
  不具合を修正しました。(バグ#1113388)

* Kill Idle Transactions feature could cause an assertion on a debug build due to a race condition. Bug fixed #1206008.

  アイドル状態のトランザクションをKILLする機能に起因するassertionエラーを修正しました。(バグ#1206008)

* libmylsqclient_16 symbols were missing in Percona Server shared library package on RHEL/CentOS 7. Bug fixed #1420691.

  RHEL7 / CentOS7 系のカーネルで、libmylsqclient_16が見つからない不具合を修正しました。(バグ#1420691)

* Prepared statements in stored procedures could crash Response Time Distribution plugin. Bug fixed #1426345.

  ストアドプロシージャのPrepared statementsが、Time Distributionプラグインをクラッシュさせてしまう
  不具合を修正しました。(バグ#1426345)


Percona Server 5.6.26-74.0 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.26-74.0.html

Percona Server 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona Server 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.6をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.6/LATEST/

以上

ページトップへ