MySQLニュース

Percona Server 5.5.52-38.3がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.52-38.3.html

2016年10月05日に、Percona Server 5.5.52-38.3がリリースされました。
同製品は、Percona Server 5.5のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Bugs Fixed(バグの修正)

*mysql_upgrade now does not binlog its actions by default. 
 To restore the previous behavior, use --write-binlog option. Bug fixed #1065841 (upstream #56155).

 mysql_upgradeはデフォルトではバイナリログに書き込まれないようになりました。
 その操作をリストアするには、--write-binlogオプションを使ってください。(#1065841)

*After fixing bug #1540338, system table engine validation check is no longer skipped 
 for tables that don’t have an explicit ENGINE clause in the CREATE TABLE statement. 
 If MySQL upgrade statements are replicated, 
 and the slave does not have the MyISAM set as a default storage engine, 
 then the CREATE TABLE mysql.server statement would attempt to create an InnoDB table 
 and fail because mysql_system_tables.sql script omitted explicit engine setting for this table. 
 Bug fixed #1600056.
 
 #1540338のバク修正後、システムテーブルエンジン検証はCREATE TABLE文に
 明示的なENGINE句が指定されていないテーブルをスキップしなくなりました。
 もしMySQLアップグレードがレプリケーションされ、スレーブのデフォルトのストレージエンジンが
 MyISAMに設定されていない場合、mysql_system_tables.sqlスクリプトはこのテーブルの明示的なエンジン設定を
 省略しているため、mysql.serverでのCREATE TABLE文がInnoDBテーブルを作成しようとし、失敗するでしょう。
 (#1600056)

*Audit Log Plugin would hang when trying to write a log record of audit_log_buffer_size length. 
 Bug fixed #1588439.

 Audit Log Pluginはaudit_log_buffer_sizeをログに書き込もうとすると失敗してしまう問題を修正しました。
 (#1588439)

*Audit Log Plugin malformed record could be written after audit_log_flush was set to ON 
 in ASYNC and PERFORMANCE modes. 
 Bug fixed #1613650.
 
 Audit Log Pluginはaudit_log_flushをASYNCやPERFORMANCEモードでONに設定された後、
 不正な形式で書き込まれてしまう問題を修正しました。(#1613650)


Percona Server 5.5.52-38.3 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.52-38.3.html

Percona Server 5.5は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の開発バージョンです。Percona Server 5.1の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.1の機能も備えています。

Percona Server 5.5には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.1にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・information_schemaの拡張
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・Special Utility Userの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.5には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.5をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.5にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.5/LATEST/

以上

ページトップへ