MySQLニュース

Percona Server 5.5.50-38.0がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.50-38.0.html

2016年7月8日に、Percona Server 5.5.50-38.0がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.5のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Features(新たな特徴)

*Percona Server has implemented protocol support for TLS 1.1 and TLS 1.2. This implementation turns off TLS v1.0 support by default.

 Percona ServerはTLS 1.1とTLS 1.2をサポートするプロトコルを実装しました。この実装によって、デフォルトでTLS v1.0をサポートしないようになりました。

Bugs Fixed(バグの修正)

*Querying the GLOBAL_TEMPORARY_TABLES table would cause server crash if temporary table owning threads would execute new queries. Bug fixed #1581949.

 INFORMATION_SCHEMAのGLOBAL_TEMPORARY_TABLESテーブルのクエリは、スレッドを所有している一時テーブルが新しいクエリを実行するとサーバが落ちてしまう問題を修正しました。(#1581949)
 
*The innodb_log_block_size feature attempted to diagnose the situation where the logs have been created with a log block value that differs from the current innodb_log_block_size setting. But this diagnostics came too late, and a misleading error No valid checkpoints found was produced first, aborting the startup. Bug fixed #1155156.

 innodb_log_block_sizeは、現在のinnodb_log_block_sizeの設定とは異なるログブロック値でログが作成された状況を診断しようとします。しかし、この診断が遅すぎるために、チェックポイントが見つからないというエラーを誤って引き起こし、起動を阻止していた問題を修正しました。(#1155156)

*ssl.cmake file was broken when custom OpenSSL build was used. Bug fixed #1582639 (upstream #61619).

 ssl.cmakeファイルがカスタムOpenSSLのビルドを使用した場合に破損してしまう問題を修正しました。(#1582639)

*mysqlbinlog did not free the existing connection before opening a new remote one. Bug fixed #1587840 (upstream #81675).

 mysqlbinlogが新しいリモート接続を行う前に、既存の接続を開放しなかった問題を修正しました。(#1587840)


Percona Server 5.5.50-38.0 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.50-38.0.html

Percona Server 5.5は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の開発バージョンです。Percona Server 5.1の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.1の機能も備えています。

Percona Server 5.5には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.1にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・information_schemaの拡張
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・Special Utility Userの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.5には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.5をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.5にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.5/LATEST/

以上

ページトップへ