MySQLニュース

Percona Server 5.7.10-1がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.10-1.html

2015年12月14日に、Percona Server 5.7.10-1がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.7のRelease Candidate版(リリース候補版)の最新バージョンとなります。

Features removed from Percona Server 5.7e- that were available in Percona Server 5.6
(Percona Server 5.7 から使えなくなった機能)

* Handlersocket - This feature might be included in a future release if HandlerSocket starts supporting 5.7.

Handlersocket 機能は5.7 において削除されましたが、将来のリリースで含まれる可能性があります。

* Support for Fake Changes - Instead of slave prefetching using the fake changes, a 5.7 intra-schema parallel replication slave should be used.

Fake Changes を使用したスレーブプリフェッチの代わりに、 5.7 の機能であるスキーマ並列レプリケーションスレーブを使用してください。

* SHOW ENGINE INNODB STATUS no longer prints the count of active Read-Only transactions.

SHOW ENGINE INNODB STATUS は、アクティブな読み取り専用トランザクション数を出力しなくなりました。


Changes in Percona Server 5.6 features
(Percona Server 5.6 から変更された機能)

* The minor Percona Server version number (“y” in “5.a.b-x.y”) has been dropped to simplify Percona Server versioning.

Percona Server のマイナーバージョン番号("5.a.b-x.y"の "y" )は、バージョン管理を簡素化するために削除されました。

* The performance_schema.metadata_locks table now displays backup and binlog lock information too. The object_type column has two new valid values: backup, and binlog.

performance_schema.metadata_locksテーブルに、バックアップとバイナリログのロック情報が表示されるようになりました。それに伴い、object_type列にbackup,binlogという2つの値が追加されます。

* Nested SET STATEMENT ... FOR SET STATEMENT ... FOR ... statements will have different effect in the innermost clause in case the nested clauses set the same variables: in 5.6 the innermost assignment had effect whereas in 5.7 the outermost assignment is effective.

Set STATEMENT ... FOR SET STATEMENT ...FOR ... 構文について、5.6 では入れ子構造の最深部が有効になっていましたが、5.7 では一番外側が有効になるように変更されています。

* The server will abort startup with an error message if conflicting enforce_storage_engine and disabled_storage_engines option values are specified, that is, if the enforced storage engine is in the list of disabled storage engines.

enforce_storage_engine と disabled_storage_engines オプションの値に同じ値が指定されているとき、サーバはエラーメッセージを出力し、起動を回避するようになりました。

その他の詳細やパラメータの変更点などは、以下のURLに記載されています。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/changed_in_57.html#changed-in-57

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ